【教室受講】身近で楽しむ巡る季節 春を待つ命たち 朝カルオンライン

  • シジュウカラ=撮影:瀬古智貫
  • ジョウビタキ=撮影:瀬古智貫
  • 安西 英明(日本野鳥の会理事・主席研究員)
講師詳細

【こちらは教室受講用申し込みページです】

 今にときめき、巡りくる季節にワクワクし、過ぎた季節を懐かしむ…コロナ過であろうとなかろうと、季節を味わうことで3倍楽しめるようになります。近所の公園、散歩や買い物の途中でも出会える野生の命、身近な自然のわかり方を季節ごとに紹介します。身近に息づく命を知り、癒され、元気をもらいましょう。一回目は冬も元気な鳥たち、寒さや乾燥に耐えて春を待つ虫や植物について、です。
 北風がすり抜けていく木々の枝の隙間も、春には緑が埋めていきます。その頃にはチョウが舞い、小鳥が歌いだすはず。冬はその時のために命が耐えている季節。春に突然葉っぱがのびるわけでもないし、チョウや小鳥が急に活動を始めるわけでもありません。春を待つ命の営みに気づけば元気をもらえるし、来るべき季節もより味わえることでしょう。(講師・記)

★Zoomを使用したオンライン受講はこちら
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/30b98a47-8704-3a7c-58c6-5f840c5f71a4

★安西先生の野外講座も受付中!

中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2021/1/16
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円

講師詳細

安西 英明(アンザイ ヒデアキ)
1956年東京生まれ。1981年(財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ初代レンジャーとして着任後、野鳥や自然観察、環境教育などにたずさわる。現在、(公財)日本野鳥の会理事・主席研究員、(社)日本環境教育フォーラム理事など、解説を担当した野鳥図鑑は45万部以上の発行、NHKラジオ『季節の野鳥』の解説役をおよそ20年間続けた。著書に『新・山野の鳥』、『新・水辺の鳥』、『バードウォッチング案内人の手引き』、『見る読むわかる野鳥図鑑』((財)日本野鳥の会)、『スズメの少子化、カラスのいじめ』(ソフトバンク新書、)『野鳥eco図鑑』(東洋館出版)、『「春の野鳥」を見に行こう!』(講談社)など。