英語の歴史と語源 市民革命と新世界 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 堀田 隆一(慶応義塾大学教授)
講師詳細

 シリーズ「英語の歴史と語源」では、英語という言語がたどってきた波乱に富んだ紆余曲折の歴史を、世界史的な大事件と関連づけながら追っていきます。言語の歴史には文法や発音の歴史も含まれますが、本シリーズでとりわけ注目するのは語源、つまり単語の起源です。著名な事件と単語の起源とを結びつけながら、主にイギリスを舞台とする英語の歴史物語を、全12 回にわたり、つむいでいきます。

〈市民革命と新世界〉
 17世紀イングランドは「清教徒革命」と「名誉革命」という2つの大変革を経験しました。一般に国内の混乱の世紀ととらえられていますが、英語史の観点からは、後に英語が国外に展開してゆく足場を築いた時期として重要な意義をもちます。実際、同世紀中にイングランドは北米に植民地を築き、インドへの影響力をもち始めました。英語の世界的展開が本格的に始まろうとしていた時代に焦点を当てつつ、英語の現在と未来についても考察します。

【シリーズ「英語の歴史と語源」開講予定】
※事情により変更することもございます。
1 インドヨーロッパ祖語の故郷(終了)
2 ケルトの島(終了)
3 ローマ帝国の植民地(終了)
4 ゲルマン民族の大移動(終了)
5 キリスト教の伝来(終了)
6 ヴァイキングの侵攻(終了)
7 ノルマン征服とノルマン王朝(終了)
8 ジョン失地王とマグナカルタ(終了)
9 百年戦争と黒死病(終了)
10 大航海時代と活版印刷術(終了)
11 ルネサンスと宗教改革(終了)
12 市民革命と新世界

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/23
曜日・時間
土曜 15:30~18:45
回数
1回
受講料(税込)
会員 7,480円 一般 9,680円
設備費(税込)
165円
持ち物など
・プリント教材を配布します。
その他
・途中休憩がございます。
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

堀田 隆一(ホッタ リュウイチ)
慶應義塾大学文学部教授(英米文学専攻)。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程満期修了、英国グラスゴー大学英語学研究科博士課程修了(Ph.D.取得)。専門は英語史、歴史言語学。著書に『英語の「なぜ?」に答えるはじめての英語史』(研究社、2016年)、『英語史で解きほぐす英語の誤解 ? 納得して英語を学ぶために』(中央大学出版部、2011年)、The Development of the Nominal Plural Forms in Early Middle English (Hituzi Syobo, 2009)がある。