哲学する仏教・1 内山興正老師の思索をめぐって 坐禅・安らいつつ進む道

  • 藤田 一照(前曹洞宗国際センター所長)
講師詳細

曹洞宗の内山興正老師(1912-1998)は、大学で西洋哲学を学び、カトリックの神学校に教鞭をもつも、半年ほどで退職。そして、愛する妻を病気で亡くした悲しみのなか、「真実の自分」を追究するべく曹洞宗の澤木興道老師について出家得度しました。初版刊行から50年を経て、現代に甦った内山老師の仏教書『進みと安らい』。そこに記されていることは、科学技術が急速に進んだ時代への警鐘、坐禅の実践による「自己の構造」の分析など、自らの思索を巡らせ身心で考え抜いた哲学といっても過言ではないでしょう。2019年の今、哲学する仏教の原点ともいえる内山老師の思索をめぐって三人の弟子と一人の哲学者が語ります。

シリーズ(予定)
第1回 ◆坐禅・安らいつつ進む道◆ 前・曹洞宗国際センター所長  藤田一照
日時:5月8日 水曜 19:00-20:30 
第2回 ◆マインドフルネスという黒船来航前の内山老師◆
鎌倉一法庵住職  山下良道 
日時:5月22日 水曜 19:00-20:30 
第3回 ◆内山老師の行き詰まり◆       安泰寺住職  ネルケ 無方
 日時:6月14日 金曜 19:00-20:30 
第4回 ◆内山哲学は仏教を超える◆          哲学者  永井 均
日時:6月27日 木曜 19:00-20:30 
※参考図書:内山興正著『進みと安らい』(サンガ刊)

◆坐禅・安らいつつ進む道◆ 
安らいの世界を追求してきた東洋は停滞に陥り、進みの世界を追求してきた西洋は神経症に陥ってしまった。進みつつ安らい、安らいつつ進む、そういう道はないのだろうかというのが内山興正老師の生涯のテーマだった。そして、只管打坐の坐禅という行の中にその解決の方向を見出された。この講座では坐禅をひもときつつ、老師の探究のあとをたどることを通して、理想の追求でもなく現状の容認でもない自己探究のあり方を考える場にしたい。(藤田師・記)

この講座は終了しました
日程
2019/5/8
曜日・時間
水曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
その他
●教室が変更する場合がございます。エレベーター付近の掲示板でご確認ください。

講師詳細

藤田 一照(フジタ イッショウ)
1954年愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程を中途退学し、曹洞宗僧侶となる。1987年よりアメリカ合衆国マサチューセッ ツ州にある禅堂に住持として渡米、近隣の大学や仏教瞑想センターでも禅の講義や坐禅指導を行う。2005年に帰国。2018年3月まで曹洞宗国際センター所長をつとめる。著書に『現代坐禅講義』、『禅僧が教える考えすぎない生き方』など、共著に『生きる稽古 死ぬ稽古』、『退歩のススメ』、『感じて、ゆるす仏教』、『仏教サイコロジー』など、訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』、『法華経の省察』、キャロライン・ブレイジャー『自己牢獄を超えて』、ラリー・ローゼンバーグ『〈目覚め〉への3つのステップ』などがある。