積極的に受け身になる─生活史調査で聞くこと、聞かないこと 朝カルオンライン

  • 岸 政彦(社会学者)
講師詳細

 個人の生い立ちや暮らしの語りから社会を考える「生活史」調査を解説します。前回は少し理論的になってしまったので、今回はもっと実践的なことについてお話しします。あわせて「東京の生活史」プロジェクトについても。 (講師・記)

※岸政彦さんの講座前回は2019年11月に「生活史調査は何をするのか-他者の合理性の理解社会学」というタイトルで行いました。前回の講座を受講していない方も、もちろんご受講いただけます。
 筑摩書房「東京の生活史」プロジェクトの詳細はこちら→https://www.chikumashobo.co.jp/special/tokyo_project/

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日当日14時まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の前日夕方に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

本講座はZoomを使用したオンライン講座として行います。開講日の前日夕方までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。

日程
2020/10/17
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円

講師詳細

岸 政彦(キシ マサヒコ)
社会学者・作家。立命館大学教授。専門は生活史と沖縄。主な著作に『街の人生』『断片的なものの社会学』『質的社会調査の方法』(共著)『ビニール傘』『はじめての沖縄』『マンゴーと手榴弾』『図書室』など。近刊に『地元を生きる』(共著)『大阪』(共著)『リリアン』など。