• 見学可

小筆書道・山口クラス 実用から芸術まで

  • 山口 青秋(あきくさ書道院主宰)
講師詳細

初心者は漢字の単体から始め、名前書き、はがき封筒の宛名書きを、実践的に学びます。経験者は、小筆で古典を臨書することで、基礎を確実に身につけます。

筆/用紙 大筆・小筆 
半紙/かな用半紙・半折・料紙
書体/楷書・行書・草書・かなテキスト(講師自筆のコピー手本及び古典各種)
授業の進め方/初心者は、小筆を使って筆の持ち方から宛名書き、彰状等の練習をします。継続者は、講師と相談の上、古典をテキストに練習します。

※産経国際書展等の展覧会に出品もしています。
※見学可。あらかじめご連絡ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

※6/1(月)から講座を再開いたします。
※4/6,13,20,27,5/11,18,25の補講は7/6,13,20,27,8/3,10,24に行います。補講欠席の場合は、該当の受講料をご返金いたします。講座前日までにご連絡ください(TEL:03-3344-1946)。

日程
2020/8/31, 9/7, 9/14, 9/21, 9/28
曜日・時間
月曜 10:00~12:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,500円 
持ち物など
<ご用意ください>初心者用テキスト、小筆「下筆春蚕」、半紙「山桜」、墨(百楽)、下敷をご持参ください。(教材コーナーで販売しています。)
※硯、文鎮、水差しは教室に備え付けのものがあります。
その他
※消毒液の設置、教室や備品の消毒、換気に努めてまいります。ご受講の際には、手洗い、マスクの着用、間隔を取っての受講にご協力ください。

講師詳細

山口 青秋(ヤマグチ セイシュウ)
専攻は漢字・漢字仮名まじり。大渓洗耳氏の日本教育書道芸術院講師のあと、あきくさ書道院を主宰。