7世紀の倭国 激動の時代と王権
  • 教室・オンライン同時開催

  • 森田 喜久男(淑徳大学教授)
講師詳細

 7世紀の倭国は、激動の時代です。飛鳥文化や白鳳文化といった仏教文化が花開いた一方で、相次ぐ政変や戦乱が続き、その過程を経て律令制国家が成立します。この段階の政治の流れをどのようにとらえるべきなのか、誰が主導権を握っていたのか、これについては実はいろいろな仮説が出されています。
 そこでこの講座では、倭国の王とそれを取り巻く群臣による政治権力を「王権」としてとらえた場合にどのような政治史が構築できるのか、皆さんと共に考えてみたいと思います。果たして〇〇の変、××の乱の真の首謀者は?
ある研究者が、「日本古代史研究の主戦場」と呼んだ怒濤の7世紀に一緒に足を踏み入れましょう。(講師・記) 

【カリキュラム】
第1回 東アジアにおける政治変動と王権-推古朝-
 推古天皇と言えば、最初の女帝として聖徳太子を摂政とし、強大化した蘇我馬子をなだめつつ政治を行ったという見方が一般的です。しかし、聖徳太子を聖人、蘇我氏を悪役と見るだけでは、この時期の政治の特質は見えてきません。推古天皇のもとに群臣がどのような形で結集し、改革を行ったのか、この点について考えてみたいと思います。 

第2回 大化の改新と古代王権-舒明朝・皇極朝・孝徳朝・斉明朝-
 かつて、大化の改新がなかったというショッキングな仮説が提起されたことがありました。今日、大化の改新否定論を唱える研究者はあまり多くありませんが、王権対蘇我氏という構図の見直しを迫ったことは大きな功績だと思います。倭国の王族の内部も蘇我氏の内部も決して一枚岩ではなかったことを念頭に置きつつ、大化の改新前後の政治的流れを再考してみたいと思います。

第3回 律令制国家の成立過程と王権-天智朝・天武朝・持統朝-
 かつて、天智天皇と天武・持統天皇との間には、政策面で大きな断絶があると思われてきました。しかし、天武天皇は決して前政権を全否定したわけではないのです。むしろ、前政権が行った政策をさらに徹底化させた部分もあります。このような点を念頭に置きつつ、天智天皇から持統天皇までの歴史を一貫した流れの中でとらえなおすと、律令制国家の成立過程の中で、天皇が果たした本当の役割が浮かび上がってきます。


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/7/27, 9/14, 9/28
曜日・時間
水曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
設備費(税込)
495円
その他
★講座日が変更になりました。8/31は休講し、9/14に振替えを行ないます。
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

森田 喜久男(モリタ キクオ)
1964年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(歴史学・駒澤大学)島根県古代文化センター、島根県立古代出雲歴史博物館を経て、淑徳大学人文学部教授。日本古代史・神話学・博物館学専攻。著書『日本古代の王権と山野河海』(吉川弘文館)、『やさしく学べる古事記講座』(ハーベスト出版)、『古代王権と出雲』(同成社)、『能登・加賀立国と地域社会』(同成社)他。