ミツガシワ咲く石神井公園  四季の花めぐり

  • 多田 多恵子(立教大学講師)
講師詳細

春爛漫の石神井公園で一日ゆっくり観察します。公園の一角の三宝寺池には氷河期の生き残り植物で平地では稀少なミツガシワやカキツバタがちょうど咲く頃です。ミツガシワの花はよく見ると雌しべの長さに長短の型があります。遅咲きのヤマザクラやサトザクラもちょうど見頃。花見も楽しみつつ、植物の知恵を探ってみましょう。





この講座は終了しました
日程
2019/4/17
曜日・時間
水曜 10:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,530円 一般 5,180円
持ち物など
西武池袋線 石神井公園駅中央口改札 10:00集合 ◎雨天決行
・歩きやすい服装でご参加ください。
・お弁当、雨具、飲み水、常備薬、健康保険証は必ずご持参ください。
・その他の持ち物:必要に応じて、帽子、ルーペ、カメラ、双眼鏡など。
その他
お申し込みは、電話(コンビニ振込)、WEB、受付窓口で先着順に承ります。コンビニ振込の場合は振込用紙がご到後1週間以内にお支払い手続きをお済ませください。ご入金と同時にお申し込み受付が完了となります。
◇当日の欠席連絡 朝日カルチャーセンタープロジェクト事業本部 ℡03-3344-2041へ(朝9:30以降)へ

講師詳細

多田 多恵子(タダ タエコ)
東京生まれ。東京大学卒、理学博士。専門は植物生態学。
いつもワクワクしながら、植物の繁殖戦略や動物との相互関係を追いかけている。立教大、東京農工大、国際基督教大非常勤講師。
著書に「種子たちの知恵」(NHK出版)、「したたかな植物たち」(SCC)、「葉っぱ博物館」、「街路樹の散歩みち」(以上、山と溪谷社)、「野に咲く花の生態図鑑」(河出書房新社)、「身近な木の実・植物の種・図鑑&採集ガイド」(実業之日本社)、「図鑑NEO花」(小学館)、絵本に「びっくり まつぼっくり」(福音館書店)など多数。観察会、講演、ラジオ電話相談室など大人から子供まで広く自然の面白さを伝えたいと活動中。