• 見学可

福原流・篠笛(火)

  • 福原 清彦(横笛奏者)
講師詳細

篠笛は古代より日本各地の村や町、郷土芸能、祭礼神事などで演奏されて来ました。細くしなやかな篠竹に歌口(息を吹き込む穴)と七つの指穴を開けただけのこの楽器は、吹く人の個性が表れ、百人百様のその音色は人の心をなごませてくれます。
この講座は、初心者を対象に六代目福原百之助著「篠笛入門書」をテキストに、笛の持ち方や吹き方の基本から、篠笛数字譜の読み方を学びます。
進歩の度合いにより、古謡、民謡、童謡などを練習したいと思います。

※レベル別のグループレッスンです。新規のかたは18時半開始。30~40分授業。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/8, 10/22, 11/12, 11/26, 12/10, 12/17
曜日・時間
第2・4 火曜 18:30~20:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 18,480円 
持ち物など
【初回に10階教材カウンターにてお求めください】テキスト『篠笛入門』¥4,000+税、篠笛(七本調子 プラスチック製)約¥2,000  【2冊目以降のテキストは教材カウンターで注文販売となります】『抒情歌集』、『めりやす』
その他
※レベル別のグループレッスンです。新規のかたは18時半開始。30~40分授業。
※授業に欠席されるときは、必ずご連絡をお願いします。
※今期日程不規則です。12/17のみ4号教室で行います。

講師詳細

福原 清彦(フクハラ キヨヒコ)
東京生まれ。囃子福原流笛方。福原流家元六世福原百之助(宗家四世寶山左衛門)門弟。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。歌舞伎などの舞台ばかりでなくテレビ、映画音楽や東京コレクション2017などでも演奏。