線から学ぶ書の基本 「温故知新」を書く

  • 岩井笙韻講師
  • 岩井 笙韻(日展会友)
講師詳細

書道の基本は「線を引く」という事に尽きます。筆をどう扱い、文字にどう持っていくのか、書の基礎訓練から指導します。まずは筆を運ぶ力加減やスピードを身に付けましょう。
線をある程度自由に引けるようになったら、「温故知新」という文字の速習に挑戦します。手本の置き方や座り方、視線の動かし方といった基本姿勢と、文字の形の取り方を身に付けます。初心者にとっては、これらを注意深く意識することで基礎の深い部分が作られ、ベテランでももう一度チェックすることで壁を乗り越えることにつながります。
※レギュラークラス「夜の書道部」と合同で行います。

この講座は終了しました

注意事項

4/1からの全講座休講に伴い、本講座は【延期】いたします。
延期後の日程が決まりましたら、改めて掲載いたします。

日程
2020/4/7
曜日・時間
火曜 18:00~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 4,510円
持ち物など
<各自ご用意ください>半紙、筆記用具
<お持ちの方はご持参ください>筆、墨(墨汁も可)、下敷き
※お持ちでない方には貸し出しもいたします。
※硯、文鎮、水差しは貸し出しのものをご用意しております。
その他
※体験講座を受講後2ヶ月以内に申し込まれると、入会金が半額になります。

講師詳細

岩井 笙韻(イワイ ショウイン)
1951年 東京都生まれ。慶應義塾大学大学院文学部倫理学修士課程修了。日展会友、読売書法会理事(審査員)、謙慎書道会常任理事(審査員)、全日本書道連盟評議員、寄鶴文社会員、静心書学会副会長、修験道「自然の生命」行者。第36回(2019年度)読売書法展最高賞の「読売大賞」を受賞。