フーコー「監獄の誕生」と「知の考古学」
  • オンライン講座

  • 慎改 康之(明治学院大学教授)
講師詳細

 ミシェル・フーコーは、権力関係についての新たな考え方を練り上げた哲学者として広く知られています。しかし、1970年代に展開されたその権力分析が、1960年代に彼が専心していた「知の考古学」とどのような関係にあるのかということに関しては、やや等閑に付されるきらいがあるように思われます。
 そこで今回の講座では、フーコーが権力をめぐる考察を全面的に展開した最初の著作『監獄の誕生』(1975)を読み解きながら、60年代から70年代にかけての彼の探究のなかで何が変化したのか、そしてそうした変化を貫いて存続しているのは何かということを、明確に示していきたいと思います。 (講師・記)

〈スケジュール〉
第1回 刑罰制度の歴史 ― 身体刑から監獄へ、君主権的権力から規律権力へ
第2回 知と権力 ― 言説分析と権力分析
第3回 「魂の系譜学」 ― 主体性と真理


〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/7/27, 8/24, 9/28
曜日・時間
水曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,550円

講師詳細

慎改 康之(シンカイ ヤスユキ)
1966年長崎県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程中途退学。フランス社会科学高等研究院(EHESS)博士課程修了(哲学・社会科学博士)。現在、明治学院大学文学部フランス文学科教授。専門は20世紀フランス思想。著書に、『ミシェル・フーコー――自己から脱け出すための哲学』(岩波新書)、『フーコーの言説――〈自分自身〉であり続けないために』(筑摩選書)、訳書に、ミシェル・フーコー『性の歴史4 肉の告白』(新潮社)、『知の考古学』(河出文庫)、『ミシェル・フーコー講義集成』1・4・5・8・13(筑摩書房)などがある。