「若草物語」への招待 ジョーは作者オルコットその人なのか

  • 谷口 由美子(翻訳家)
講師詳細

 『若草物語』といってすぐに思い浮かぶのは、メグ、ジョー、ベス、エイミーの四人姉妹や、往年の名作映画『若草物語』のエリザベス・テーラーでしょうか。昨年、作品出版から150周年を迎え、暮には新しい映画が公開されることもあり、19世紀後半に書かれた当時から今日まで、この物語はアメリカ家庭小説の古典として不動の地位を保っています。
 これまで何度も翻訳され、アニメや演劇にもなっている作品ですが、四人姉妹と作者オルコットの姉妹との強い関連など、「意外に知られていないおもしろさ」があり、それを物語の舞台の映像などで多角的にお話します。まもなく訳書が出るオルコットの『8人のいとこ』や、『若草物語』の新企画愛蔵版の話もいたします。

お申し込み

注意事項

・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

日程
2019/11/30
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円

講師詳細

谷口 由美子(タニグチ ユミコ)
上智大学外国語学部英語学科卒業。アメリカに留学後、翻訳を始める。2018年2 月~3月に、銀座の教文館で開かれた「小さな家の物語はここから始まったーー『大草原のローラ物語ーーパイオニア・ガール』刊行記念展」の監修・講演を行った。ローラのとうさんの音楽を耳できく音楽会も同時開催した。この活動を今後も続ける予定。主な著書:『大草原のローラに会いにーー小さな家をめぐる旅』(求龍堂)、『サウンド・オブ・ミュージックーートラップ一家の物語』(講談社)。主な訳書:『大草原のローラ物語ーーパイオニア・ガール』(大修館書店、2018年日本翻訳家協会翻訳賞 佳作)、『長い冬』などローラ物語5冊(岩波書店)、『増補改訂版 大草原の小さな家ーーローラのふるさとを訪ねて』(求龍堂)、『若草物語』シリーズ4冊(講談社)、『ルイザーー若草物語を生きたひと』(東洋書林)、『青い城』などモンゴメリのロマンチック文庫4冊(KADOKAWA)など、130冊あまりある。