福音書入門 イエスをどう見るか

  • ガリラヤ湖夕景 撮影:佐藤研
  • 佐藤 研(立教大学名誉教授)
講師詳細

新約聖書のマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの「福音書」について考える。そもそも「福音書」とは何か。それが出現した歴史的・思想的背景は何か。なぜ新約聖書では「四つ」の福音書がこの順序で並んでいるのか。それら相互間にはどのような関係があるのか。そうした緒論的問題を踏まえ、各福音書の内容と著作状況・実態・意義などを包括的に考察する。さらには、それらに直接関連する文書(使徒行伝、トマス福音書)をも同様に概説する。2019年9月から12回を予定。

資料等は毎回配布するが、各自聖書を持参することが望ましい。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

10/17は休講となりました。

日程
2019/10/3, 12/12, 12/26
曜日・時間
木曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 

講師詳細

佐藤 研(サトウ ミガク)
1948年福島県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。神学博士(スイス・ベルン大学)。1991-2014年、立教大学勤務。専門は新約聖書学。著作として、『悲劇と福音──原始キリスト教における悲劇的なるもの』清水書院(2001年)、『聖書時代史――新約篇』岩波書店(2003年)、『禅キリスト教の誕生』岩波書店(2007年)、『はじまりのキリスト教』岩波書店(2010年)、『旅のパウロ──その経験と運命』岩波書店(2012年)、『最後のイエス』ぷねうま舎(2012年)など。