• トライアル可

古典ギリシャ語入門 オンライン講座

  • 宮城 徳也(早稲田大学教授)
講師詳細

 水谷智洋『古典ギリシア語初歩』(岩波書店)を用いて、文法を基礎から1年かけて丁寧に学習していきます。古典ギリシア語の最初のハードルは文字です(現代ギリシアも同じ文字を用います)が、私たちがローマ字としてよく知っている英語などのアルファベットもローマ人がエトルリア文字を経由してギリシア文字を応用して作ったものでよく似ています。
 また高校の物理や数学で、英語読みですが、ギリシア文字を使っているので、全く知らない人はまずいないと思います。また古典ギリシア語は動詞の活用が複雑で、名詞が格変化します。これもフランス語、イタリア語などは動詞の活用が複雑ですし、ドイツ語やロシア語にも名詞の格変化が残っています。とはいえ、ギリシア語はやはり難しく、シェイクスピアの悲劇『ジュリアス・シーザー』で、前日キケロの演説を聞いた人が「それはギリシア語(のよう)だった」と「チンプンカンプン」の意味で使ったことは良く知られています。しかし、だからこそ、私達の学習意欲をかき立てます。古典のラテン語を復活させ、新たにギリシア語を学ぶことから西欧のルネサンスは始まり、私たちもその影響を受けています。
 20世紀の思想家マルティン・ハイデガーは「ギリシアの言葉は、そしてそれのみがロゴスである」と言いました。『聖書』で「はじめにことばありき」と言う時、「ことば」をロゴスとギリシア語では言います。ギリシア語学んでこそ、初めて理解できる多くのことに出会え、文学、思想、芸術の学習、鑑賞も深まります。是非、ギリシアを一緒に学びましょう。
 授業は教科書の練習問題を丁寧に解説して、ゆっくり進めます。(講師記)

<今後の予定>
6/15 動詞活用(第5課/第6課)
6/29 動詞活用と結果文(第7課)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」【ミーティング】を使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です【講師は教室】。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.comまでお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。


★トライアル(お試し受講)のお問合せ
担当部署から折り返しご連絡いたします。
https://www.asahiculture.jp/form/shinjuku/gaikokugo

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

お申し込み

注意事項

・本講座は教室でもオンラインZoom(ミーティング)でもご受講いただけます。
・開講1~2日までに、資料およびZOOM招待メールをお送りします。
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

日程
2021/4/6, 4/20, 5/18, 6/1, 6/15, 6/29
曜日・時間
火曜 11:45~13:15
回数
6回
受講料(税込)
会員 22,440円 
教材費(税込)
教材費 330円
設備費(税込)
990円
持ち物など
テキスト:水谷智洋『古典ギリシア語初歩』(岩波書店)本体3,500円+税 ISBN:9784000008297
教材費を受講料と共に徴収させていただき、プリント教材を教室で配付します。
・新規の方用のテキストプリントあり。

講師詳細

宮城 徳也(ミヤギ トクヤ)
1958年岩手県生まれ。早稲田大学文学学術院 教授。専攻は、西洋古典学(古代ギリシア・ローマの文学)。 叙事詩 恋愛詩 悲劇 文芸論。著書に、単行本『ギリシャ・ローマ文学必携』 (早稲田大学文学部/トランスアート)『マージナリア 隠れた文学/隠された文学』 (分担執筆)(鶴見書店)、『ヨーロッパ世界のことばと文化』 (分担執筆)(成文堂)、『はじめて学ぶ ラテン文学史』 (分担執筆)(ミネルヴァ書房)(「悲劇」,「牧歌・小叙事詩」担当)。翻訳『セネカ悲劇集2』(『テュエステス』担当) (京都大学学術出版会)、『キケロー選集2』(『バルブス弁護』担当) (岩波書店)、『ローマ喜劇集1』(『ロバ物語』担当) (京都大学学術出版会)、『キケロー選集1』(『セスティウス弁護』担当) (岩波書店)、『ローマ喜劇集4』(『トルクレントゥス』担当)(京都大学学術出版会)。