新人賞1次選考を突破する小説術 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 岡田 徹(文芸編集者)
講師詳細

 公募の小説賞を受賞するには最終候補に残る必要があり、それにはまず1次選考を突破しなければなりません。1次選考では平均すると応募作の90%以上が下読みでふるい落とされます。公募小説賞は出版社系と地方公共団体が主催するものに大別されますが、競争率の高いのはやはり作家志望者が多い前者です。某出版社の新人賞はここ数年、2000作前後の応募があり、1次を通過できるのは数十作品。実に5%以下の狭き門です。松山市が主催する歴史ある「坊ちゃん文学賞」はショートショートの賞になってからは昨年9000作以上の応募があり、人気ある賞の1次を突破するのはいずれも難関であることに変わりはありません。そこを突破するために、応募要項に関する諸注意と下読み委員を惹きつける小説技術を本講座でしっかりと身につけて下さい。〈講師・記〉


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/7/31
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 4,180円
設備費(税込)
165円
その他
●教室を10階1号室→11階23号室へ変更しました。(7/17記)
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

岡田 徹(オカダ トオル)
1948年、東京・中野区生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。71年、実業之日本社に入社。経済誌、旅行ガイドブック、小説誌「週刊小説」の編集部を歩き、「週刊小説」編集長、文芸出版部長を歴任。02年に現在の小説誌「月刊ジェイ・ノベル」の創刊編集長を経て、文芸編集主幹。06年12月、実業之日本社を退社。
20年以上にわたる文芸編集者の経験を活用し、現在、岡田編集事務所を設立、小説の出版企画、編集に携わる。