シェイクスピア「お気に召すまま」を解剖する
  • 教室・オンライン同時開催

  • 高田 康成(東京大学名誉教授)
講師詳細

 全6回で『お気に召すまま』を解剖します。芸術作品、とりわけ演劇作品は生き物ですから、時と場所によって限定された鑑賞が命と言うべきかもしれません。茶道の「一期一会」の心得です。しかし長い年月を経てなお生き抜いてきた古典的作品の場合は、それゆえ奥が深く、骨格といい肉付きといい強靭にして豊艶、しばし麻酔をかけて解剖しなければ分からないところが多いものです。
 『お気に召すまま』の骨格は、伝統的に「パストラル」という西欧文明に深く根差す文芸ジャンルに基づきます。すなわち「都市と田園」という対抗関係が織りなす、一つのダイナミックな見方であり考え方です。それが、エリザベス一世の宮廷という文化的背景を得て、「宮廷と森」といった変奏を奏でることになります。そこからさまざまに広がる波及効果と変容を、解剖してみようと思います。
 全6回の内訳は以下のとおりです。1~5回は5幕構成の作品の各幕に焦点を当てながら扱い、6回目に全体を論じるというのが基本です。どの翻訳でも結構ですので、1~5回については、毎回当該の幕にざっと目を通していただけますと幸いです。(講師記)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室予定)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室予定)。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/7/6, 7/20, 8/3, 8/31, 9/7, 9/21
曜日・時間
第1週・第3週・第5週 水曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
・プリント配付予定。(オンラインの方にはメール送付予定)
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

高田 康成(タカダ ヤスナリ)
東京大学名誉教授。著書・論文に『クリティカル・モーメント -批評の根源と臨界の認識』(名古屋大学出版会、2010)、『キケロ─ヨーロッパの知的伝統』(岩波書店、1999)。共編著に『シェイクスピアへの架け橋』(東京大学出版会)など。翻訳に『エラスムス=トマス・モア往復書簡』沓掛良彦氏と共訳(岩波文庫)。朝日カルチャーセンターでは「シェイクスピア原典講読」を30年担当。