和声入門
  • オンライン講座

  • 石島 正博(作曲家・桐朋学園大学院大学教授)
講師詳細

 調性音楽における最も重要な概念である「機能和声」を、4声体と呼ばれる和声の実施形態による個別添削と実作の分析とを並行して行います。
 和声を理解することによって、音楽の理解は格段に高まりますし、演奏や作曲、 批評などを行う際にも、作品の理解について極めて実証的且つ音楽的な根拠を得ることができ、みなさんに音楽の新鮮な感動か次々ともたらされることと思います。(講師・ 記)

※2022年1月開講。

【スケジュール】
*7/2 第1転回形の応用
*9/3 第2転回形
*10/1 基本3和音の実作例の分析

【使用テキスト】
和声 理論と実習 Ⅰ(音楽之友社) 各自ご準備ください。


〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Google Meet」を使ったオンライン講座です。ウェブカメラとマイク付きパソコンでご参加頂けます。
・ブラウザはGoogle Chromeを推奨します。
・受講者のお名前や映像・音声がクラス内で共有されます。予めご了承ください。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Google Meetのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(3/21まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。
・キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました
日程
2022/7/2, 9/3, 10/1
曜日・時間
第1週 土曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 10,989円 一般 12,639円
持ち物など
①使用テキスト(各自ご準備ください)
和声 理論と実習Ⅰ音楽之友社
②五線紙

【宿題提出〆切】宿題(課題)は講座の最中に講師より口頭で伝えられます。
各〆切日までに、右記の提出用アドレスにご提出ください。→ kouzainfo2@asahiculture.com
ご欠席された場合は、以下でご確認ください。
↓↓
<前期からご受講の方>
6/4に出る宿題の提出日:6/20(月)10:00〆切 宿題「課題15.16.17」

<7月期以降>
7/2出題の宿題提出〆切:8/22(月)10:00 「課題19の3〜6、および課題24の1と2」
9/3出題の宿題提出〆切:9/19(月・祝)10:00 「P.66、課題24の3,8,9,11,12、および余裕のある方はp.73の課題26と課題27」
10/1出題の宿題提出〆切:10/24(月)10:00
その他
①最低タブレット以上の画面領域を持つPCが必要です。講師がカメラで直接写しながら説明する際、スマートフォンでは小さすぎて見えません。10inchi以上のタブレットでしたら問題ありません。
②グループレッスン形式になりますので、受講者みなさまご提出の課題が添削部分を含め、他のご受講の方々にも共有されます。

講師詳細

石島 正博(イシジマ マサヒロ)
桐朋学園大学作曲科卒。作曲を三善晃に師事。79年武満徹主宰MUSIC TODAY国際作曲コンクール・ファイナリスト、作品は主にドイツ(ダルムシュタット国際夏期現代音楽セミナー、カールスルーエ、ワイマール他)、フィンランド、フランス(パリ他)、韓国(ソウル)、アメリカ(ニューヨーク、インディアナ、サンディエゴ)、ロシア(モスクワ・ボリショイ)で演奏、上演、委嘱されている。研究・著書に「ラヴェルピアノ作品全集」(全3巻)(全音楽譜出版社刊)他。現在、桐朋学園大学教授。