消えゆくことばたち

  • 吉岡 乾(国立民族学博物館准教授)
講師詳細

世界では数多くの言語が話されています。そこには、数億人もの人々が話す言語もあれ
ば、僅かな話者だけが残している言語もあります。そして、もう誰も話さない言語という
のも、あります。今回の講座では、消滅の危機に瀕している言語にスポットを当て、どう
して失われようとしているのか、失われるとどうなるのか、それは止められるのかなどを
考えます。特に気にせず日々用いている「ことば」について、改めて注目してみませんか。(講師・記)

お申し込み
日程
2020/5/30
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,840円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

吉岡 乾(ヨシオカ ノボル)
1979年生まれ。東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程修了。博士(学術)。国立民族学博物館(大阪府吹田市)准教授。専門は記述言語学。ブルシャスキー語など、パキスタン・インドの諸言語を研究。著書に『なくなりそうな世界のことば』(創元社、2017年)、『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』(創元社、2019年)がある。