声の道場 日本語のためのボイストレーニング

  • 山村 庸子(能楽師)
講師詳細

日本の言葉をきちんと話す・伝えるためには、和の発声を修練することが一番の近道です。
能楽師として日本古来の腹式呼吸と息遣い、そして正しい姿勢を指導してきた「声の道場」では、これまで多くの方が抱える日常生活での声の悩みを解消してきました。
今回は「声が出づらくなった」「声が枯れてしまう」「周りにいつも聞き返される」という方に向け、自分の本来の声の響きを取り戻す練習方法を伝えます。
能の稽古場ではなく、和のボイストレーニングの場として、ぜひ一度体験してください。(講師・記)

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2019/11/8
曜日・時間
金曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 4,180円
持ち物など
<各自ご用意ください>筆記用具。動きやすく腰回りの苦しくない服装でご参加ください。
その他
※靴をぬいで上がっていただく教室になります。

講師詳細

山村 庸子(ヤマムラ ヨウコ)
昭和23年福岡県生まれ。昭和46年慶應義塾大学商学部卒。昭和47年福岡にて観世流シテ方鷹尾祥史師に入門。結婚、出産、子育てを経て、昭和63年梅若六郎(玄祥)師の薦めで観世流師範となり、梅若会に所属。平成17年観世流準職分となる。緑桜会主宰。息を使った自分本来の声をみつけるための “声の道場”主宰。著書に『声の道場〜日本の声が危ない〜』『声の道場Ⅱ〜ハイハイ・ハイッのすすめ〜』(ともに一世出版)