アレクサンダー・テクニークで声の悩みを改善

  • 石田 康裕(ボディチャンス ディレクター)
講師詳細

「自分の声が好きでない」「いつも話すときに急いでしまう」「長く話すと喉が痛くなる。」「歌うときに息が続かない。」「人前で話すときにうまくいかない。」など、声の悩みは色々です。
悩みへの対処が今までうまくいかなかったのは、声を出すことが「身体全体や考え方も含めたその人全体の活動」ということを考えていないからです。
また私たちは一人一人がとても違い、誰もが「うまく使っている部分」と、「間違って使っている部分」を持っています。そのため、部分だけに焦点を当てた改善方法は、ある人には良く働いても、他の人には害になることが起こります。
アレクサンダー・テクニークは、創始者のF.M.アレクサンダーが舞台で声枯れを起こしたことがきっかけで生まれました。声と呼吸のメカニズムはとても重要ですが、彼は、身体全体の使い方が良くなると、声ももちろん、健康状態がよくなることを発見しました。
日常会話でも、歌でも、朗読でも、人前のプレゼンテーションでも、声について改善したい方、ご参加ください。(講師記)
講座の内容  
*第1回目「テクニークの基本。自分の声の出し方の特徴を知る。」
*第2回目「声を出すときに必要な呼吸のメカニズムを知る」
*第3回目「腕、脚、意図などの自分全体を、どのように声を出すことに使うか」

お申し込み

注意事項

■コロナウィルス感染防止のため3/27休講⇒4/3に補講予定でしたが、5/1に変更します。
教室、時間は変更ありません。

日程
2020/1/17, 2/21, 5/1
曜日・時間
第3 金曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 10,560円 一般 12,540円
持ち物など
・着替えの必要はありませんが動きやすい服装をおすすめします。筆記用具をご持参ください。

講師詳細

石田 康裕(イシダ ヤスヒロ)
アレクサンダー・テクニークを教える学校の中では世界で最大のBodyChanceでディレク ターを務める。アレクサンダー自身の著書3冊を翻訳し、テクニークの歴史や変遷にも詳しい。機械工学修士。5年間光学メーカーに勤務した後、27年間公立高校で教員生活を送る。データベーススペシャリストなど情報関係の資格を有し、情報関連の高校教科書を執筆している。2001年から3年間、途上国援助のためトルコ共和国に 滞在した経験を持つ。
講師ホームページ http://yasuhiro-alex.jp/