卓上静物で構図研究 墨で描く

  • 上田 耕造(画家)
講師詳細

  白黒のバランスのとれた良い構図とは?。
作品の出来栄えを決める最も大切な構図を意識して、白、薄墨、黒の3段階で表現しましょう。
 さまざまな質感の異なるモチーフをどのように表現するか。水彩絵の具に比べて濃淡の比較がわかりやすい墨汁は、強い画面を作りたい、メリハリのある表現を目指したい方におすすめのトレーニングです。
 水彩絵の具による絵画表現を高める、基本的な力を養います。

【上田先生の公開講座も受付中!】
ホントは面白い石膏デッサン 2020年の描き初め 
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/44d53213-aace-deee-a1f7-5da3e0847769
水彩直描き・風景画レッスン
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/8ece67cc-49dd-7156-633f-5da3e4e60ab4
人物画ダイナミック・ペインティング・刷毛で描く油彩
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/870fcac6-2151-db83-5677-5da3ebea99c5

この講座は終了しました
日程
2020/2/1
曜日・時間
土曜 10:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,510円 一般 5,170円
持ち物など
画用紙B4サイズ程度 2-3枚またはスケッチブック。 墨汁、習字用の筆(太め、細め)、透明のプラスチックのコップ3個(紙コップでも可)。雑巾。授業は 机で行います。

講師詳細

上田 耕造(ウエダ コウゾウ)
1959年 福岡県生まれ。1984年 東京藝術大学大学院修士課程(羽生出教室)、大橋賞受賞。1988年 東京藝術大学大学院後期博士課程(田口安男教室)修了。個展を多数開催。個展開催以外にも、壁画制作(葛飾シンフォニーヒルズ別館)や、天井画制作(蓮華寺本堂・東京都中野区江古田)、様々なイベントに参加するなど活動範囲を広げ続けている。現在アトリエ21主宰。2018年「イチバン親切なデッサンの教科書」(新星出版社)刊行。