古事記から考える 3回通し券 anti-Cov三部作発売記念 朝カルオンライン

  • 三浦 佑之(千葉大学名誉教授)
講師詳細

 SARS-CoV-2の世界的な蔓延のさなかに三浦佑之先生が執筆されたanti-Cov三部作。出版を記念し、『古事記の神々 付古事記神名辞典』(角川ソフィア文庫)、『改訂版 神話と歴史叙述』(講談社学術文庫)、『読み解き古事記 神話篇』(朝日新書)それぞれにちなんだ特別講座を開講します。
 ※こちらはオトクな通し券の受付です。各回のお申込みも可能です。

〈スケジュール〉
①2020年12月26日(土)13時「古事記の神を考える~天照大御神とはいかなる存在か~」
 天皇家の始祖神とされ、伊勢神宮に祀られる「天照大御神(アマテラスオホミカミ)」は、古事記や日本書紀を読んでいくと登場する場面によって語られ方が違っている。ある時には武闘的な性格を見せるかと思うと、ある場面ではタカミムスヒ(高御産巣日神)という神の陰に隠れているようにもみえる。弟スサノヲ(須佐之男命)とのウケヒのなかで生まれた子が誰の子がかも気にかかる。よく知っているようで疑問の多いアマテラスという神について考えてみたい。
※この回のみの申し込みは→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/8c9b9536-cb2e-3b0f-42f3-5f8017b9e128

②2021年1月30日(土)13時「古代の笑いについて~ワラウとはいかなる行為か~」
 笑うことで人々は打ち解け仲よくなる。一方で人は笑うことによって、他人を軽蔑し傷つける。同じようにみえる「笑う」という行為がなぜそれほどに正反対の結果をもたらしてしまうのか。古事記や万葉集や日本書紀など古代の文献にみえる「咲(「笑」の意)」という語を通して考察してみたい。また、古代の文献には、クスリと笑ってしまうような話(笑い話)がさまざまに語られている。それらを通して、古代の人々にとって「笑い」とはいかなる行為だったかということも、お正月の締めくくりに考えてみたい。
※この回のみの申し込みは→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/cce5cc03-33dd-ef27-531a-5f812c85f1ca

③2021年2月20日(土)13時「古事記神話の読み方~神話は何を語るか~」
 古事記は神話が占める分量が日本書紀に比べてとても大きい。その古事記の神話はどのような構造を持っているか、神話は何を語ろうとしているのか、古事記と日本書紀とではどこがどう違うのか、というようなことをお話ししてみたい。具体的には、古代の人々の生死観、異界観念、性差、親子関係などを取りあげて考察することになろうかと思う。質問をお受けする時間もとりたい。
※この回のみの申し込みは→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/b457cfbe-e477-6cb3-d26f-5f812f9b9c52


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2020/12/26, 1/30, 2/20
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,350円 一般 12,650円

講師詳細

三浦 佑之(ミウラ スケユキ)
1946年、三重県生まれ。成城大学大学院博士課程修了。千葉大学教授・立正大教授を経て現職。古代文学、伝承文学研究専攻。2003年、『口語訳 古事記』で第1回角川財団学芸賞を受賞。現在、ウェブ上で「神話と昔話 三浦佑之宣伝板」を運営。http://www.miuras-tiger.com/