第二次世界大戦とフランス文学
  • 教室・オンライン同時開催

  • 写真提供/読書人
  • 澤田 直(立教大学教授)
講師詳細

 第二次世界大戦の勃発は、フランス人の多くにとっては青天の霹靂だった。多くの犠牲者を生んだ第一次世界大戦の後で、二度と戦争は起こらない、起こしてはならない、起こるはずはないという気持ちが強かったからだ。本講座は、戦争を前にした作家たちの驚きや苛立ち、恐怖や英雄心などを見ることにしたい。アンドレ・マルロー、アントワーヌ・サン=テグジュペリ、ジャン=ポール・サルトル、シモーヌ・ド・ボーヴォワールなどが、現実とどのように対峙し、みずからの経験を作品へと繋いでいったのかを、具体的な例を挙げて検討する。(講師・記)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asaiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asaiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline001@asaiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/11/12, 12/10
曜日・時間
第2週 土曜 15:30~17:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 8,800円
設備費(税込)
330円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

澤田 直(サワダ ナオ)
1959年生まれ。パリ第1大学大学院哲学科博士課程修了。白百合女子大学教授を経て、現在、立教大学文学部教授。専門は、フランス文学・思想。主な著書に、『〈呼びかけ〉の経験』(人文書院、2002年)、『ジャン゠リュック・ナンシー』(白水社、2013年)、編著に『サルトル読本』(法政大学出版局、2015年)、訳書に、サルトル『真理と実存』(人文書院、2000年)ほか。