フィンランド語に触れてみよう

  • 山川 亜古(大阪大学講師)
講師詳細

 本講座では、これからフィンランド語を学びたい方に言葉の全体像を楽しく解説します。フィンランド語は主にフィンランド共和国で話されている公用語です。ほかの北欧諸国のゲルマン系言語とは言語グループが異なり、ハンガリー語、エストニア語や北欧先住民のサーミ語と同じ言語系統のウラル諸語に属しています。フィンランド語の特徴として、単語はほぼローマ字のように読める、冠詞がない、文法性の区別がないなどがあげられます。
 フィンランド語の音の響きを楽しんだり、簡単な挨拶表現やフィンランド人とのコミュニケーションに役立つ一言を紹介します。文化や習慣について講師の体験談も交えながら、楽しくフィンランド語に触れてみましょう。(講師記)

この講座は終了しました
日程
2019/9/18, 9/25
曜日・時間
水曜 18:10~19:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 7,344円 一般 8,640円
持ち物など
・コピー代を実費でお支払いいただくことがあります。(※恐れ入りますが、現金払いのみで承ります)。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

山川 亜古(ヤマカワ アコ)
東海大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得退学。文学修士。フィンランド・ヘルシンキ大学、オウル大学、ノルウェー・サーミ大学留学。現在は大阪大学外国語学部・東海大学文化社会学部北欧学科非常勤講師、外務省研修所講師(2019年春)。フィンランド・サーミ言語文化に関する執筆や市民講座での講演も行う他、通訳・翻訳家としても活動。フィンランド文学協会(SKS)、日本フィンランド協会、日本ウラル学会会員。主な著書に『ニューエクスプレス+フィンランド語』、共著に『フィンランドを知るための44章』『北欧文化事典』など。『ノニーン!フィンランド人はどうして幸せなの?』編集協力。