初めての観世流 「鶴亀」を謡い・舞う 1日体験

  • 髙梨 良一(観世流能楽師)
  • 髙梨 万里(観世流能楽師)
講師詳細

命には終りあり、能には果てあるべからず。初心忘るべからず。時々の初心忘るべからず。老後の初心忘るべからず。
日本の古典芸能の能を体験してみませんか。
謡曲は「鶴亀」を謡いながら基本となる発声や発音、節回しを学びます。
仕舞は「鶴亀」を舞いながら扇の持ち方、扱い方、身体の構え、足の運びなど学びます。気軽にご参加ください。(講師・記)

この講座は終了しました
日程
2020/1/9
曜日・時間
第2、4 木曜 10:00~11:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,850円
持ち物など
<各自ご用意ください>白足袋・筆記用具
お持ちの方は扇。
お持ちでない方には扇はお貸しします。(担当・庄司までご連絡ください。)
※教室内は、ふすまの桟など段差にご注意下さい。

講師詳細

髙梨 良一(タカナシ リョウイチ)
1948年生まれ。関根祥雪に師事。重要無形文化財総合指定保持者。(一社)観世会監事。(公社)能楽協会会員。髙梨閑祥会主宰。閑能会・桐の会にて活動中。
髙梨 万里(タカナシ バンリ)
1982年生まれ。髙梨良一の長男。父及び関根祥雪に師事。(公社)能楽協会会員。