【教室受講】小林研一郎が語るベートーヴェンとリスト 知れば知るほど面白い、日本フィル定期演奏会 
  • 教室開催

  • 小林研一郎さん 写真:山本倫子
  • 奥田佳道さん
  • 小林 研一郎(指揮者)
  • 奥田 佳道(音楽評論家)
講師詳細

 炎のマエストロ、小林研一郎さんが、3月に行われる日本フィルの東京定期演奏会を前に、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」とリストのピアノ協奏曲第1番の聴きどころを語ります。聞き手は音楽評論家の奥田佳道さんです。

■日本フィル東京定期演奏会のご案内
日時:2023年3月3日(金曜日)19時/3月4日(土曜日)14時
会場:サントリーホール
指揮:指揮:小林研一郎[桂冠名誉指揮者]
ピアノ:金子三勇士
リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 S.124
ベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》 変ホ長調 op.55
https://japanphil.or.jp/concert/25070
朝日カルチャーセンター会員の方は日本フィルサービス・センターに電話申し込みしていただくと1割引きでチケットの購入が可能です。(TEL:03-5378-5911 平日11時~17時)

★オンライン受講(料金が異なります)を希望される方はリンク先からお申込みください。→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/d4ab7d72-5d67-0969-8a3b-6365ed2919f8

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました

注意事項

・満席時のキャンセル待ちは承っておりません。空席が出た場合はtwitter,HPにてお知らせいたします。
・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。こちらは教室受講用の受付です。オンライン受講(料金が異なります)を希望される方はリンク先からお申込みください。→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/d4ab7d72-5d67-0969-8a3b-6365ed2919f8
・本講座はメールアドレスのご登録がある受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は何度でもご視聴いただけます。

日程
2023/2/22
曜日・時間
水曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,553円 一般 4,653円
設備費(税込)
165円

講師詳細

小林 研一郎(コバヤシ ケンイチロウ)
「炎のコバケン」の愛称で親しまれる日本を代表する指揮者。東京藝術大学作曲科、及び指揮科の両科を卒業。1974年 第1回ブタペスト国際指揮者コンクール第一位、及び特別賞を受賞。2002年プラハの春音楽祭では東洋人初のオープニング「わが祖国」を指揮して万雷の拍手を浴びた。
これまでにハンガリー国立フィル、チェコ・フィル、アーネム・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、フランス国立放送フィル、ローマ・サンタ・チェチーリア国立管、ロンドン・フィル、ハンガリー放送響、N響、読響、日本フィル、都響等の名立たるオーケストラと共演を重ね、数多くのポジションを歴任。
ハンガリー政府よりハンガリー国大十字功労勲章(同国で最高位)等、国内では旭日中綬章、文化庁長官表彰、恩賜賞・日本芸術院賞等を受賞。
2005年、社会貢献を目的としたオーケストラ「コバケンとその仲間たちオーケストラ」を設立、以来全国にて活動を続けている。
CD、DVDはオクタヴィア・レコードより多数リリース。
現在、日本フィル桂冠名誉指揮者、ハンガリー国立フィル・名古屋フィル・群響桂冠指揮者、読売日響特別客演指揮者、九響名誉客演指揮者、東京藝術大学・東京音楽大学・リスト音楽院名誉教授、ローム ミュージック ファンデーション評議員等を務める。
オフィシャル・ホームページ: http://www.it-japan.co.jp/kobaken/
奥田 佳道(オクダ ヨシミチ)
1962年東京生れ。ヴァイオリンを学ぶ。ドイツ文学、西洋音楽史を専攻、ウィーンに留学。共・著書に「これがヴァイオリンの銘器だ」(音楽之友社)、「おもしろバイオリン事典」(ヤマハミュージックメディア)、「オペラガイド130選」(成美堂出版)ほか。
1993年からNHK、日本テレビ、WOWOW、クラシカ・ジャパン、TOKYO FM、MUSIC BIRDなどの音楽番組に出演。くらしき作陽大学講師、エリザベト音楽大学パフォーマンスフォーラム講師を務めた。NHK音楽祭のプレトークを行なったほか、20年以上に渡ってウィーン・フィルニューイヤーコンサート生中継の解説をFM、BS、Eテレのいずれかで行なった。2019年は、FM放送50周年を記念した10時間のスペシャル番組、BS4Kザルツブルク音楽祭ウィーン・フィル生中継の解説を担当。2012年4月から2020年3月までNHK-FM「オペラ・ファンタスティカ」のパーソナリティのひとり。ラジオ深夜便「クラシックの遺伝子」(聞き手:森田美由紀)に出演中。2020年4月から日曜朝のNHKラジオ第1放送<音楽の泉>(月曜午前5時FM再放送)に出演。