安倍政権と憲法改正

  • 石川健治氏/山口二郎氏
  • 山口 二郎(法政大学教授)
  • 石川 健治(東京大学教授)
講師詳細

 2020年改正憲法施行を掲げる安倍政権。憲法改正は本当に正しいのか。戦後日本の平和主義,民主主義の歩みをふまえ、東京大学教授の石川健治氏と法政大学教授の山口二郎氏が憲法と政治のあるべき姿を問います。

お申し込み

注意事項

■補講を8/29(土)15:30~17:00に行います。(5/25更新)
■新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、3/7は休講、補講を予定していた4/4(土)10:30~12:00も休講です。

日程
2020/8/29
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,400円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

山口 二郎(ヤマグチ ジロウ)
1958年岡山県生まれ。1981年東京大学法学部卒業後、東京大学法学部助手、北海道大学法学部助教授を経て1987年よりアメリカ・コーネル大学へ留学。1993年北海道大学法学部教授。1997年よりイギリス・オックスフォード大学に留学。2000-2004年北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター長。2005年よりイギリス、ウォーリック大学に留学。北海道大学公共政策大学院教授、北海道大学大学院法学研究科教授、パリ国立政治学院客員教授を経て、2014年4月より法政大学法学部教授。専攻は政治学・行政学。著書に、『ポピュリズムへの反撃』(角川書店)、『いまを生きるための政治学』(岩波書店)他多数。
石川 健治(イシカワ ケンジ)
1962年生まれ。1985年東京大学法学部卒業、東京大学法学部助手。1988年東京都立大学法学部助教授。1998年東京都立大学法学部教授。2003年東京大学法学部教授。「立憲デモクラシーの会」呼びかけ人の一人。2014年末に編著『学問/政治/憲法-連環と緊張』(岩波書店)を公刊した。