はじめての短歌

  • 草田 照子(「かりん」選歌委員)
講師詳細

忙しい生活のなかで、自分を見失っていないでしょうか。歌を作るということは、流れゆく時間のなかに棹さし、立ち止まって自己を見つめ直すことです。
 短歌は千年以上の歴史をもつ詩型です。私たちの生活感覚によりちかい近代短歌と、現代短歌における秀歌を鑑賞しつつ、実作の参考にしてみましょう。ちょっとした工夫が自分を変えることになります。これまでの風景が変わって見え、少しずつ変化してゆく自分に気づかれるでしょう。歌は生き方や人生にかかわってくるものです。アフターファイブを短歌で過ごしてみませんか。(講師・記)

<作品提出方法>
ご新規の方は、ハガキに2首(自由題)書いて、クラス名『はじめての短歌』・氏名・電話番号を明記の上、出席される2回前の開講日必着で朝日カルチャーセンター『はじめての短歌』係宛に送付。その後は、開講日に教室で2首提出。締め切りに間に合わない場合は、作品集に掲載できません。講評当日に教室で各自、板書をお願いいたします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/7/4, 7/18, 8/1, 8/29, 9/5, 9/19
曜日・時間
木曜 18:30~20:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 20,088円 
教材費(税込)
教材費 648円
持ち物など
<作品提出方法>
ご新規の方は、ハガキに2首(自由題)書いて、クラス名『はじめての短歌』・氏名・電話番号を明記の上、出席される2回前の開講日必着で朝日カルチャーセンター『はじめての短歌』係宛に送付。締め切りに間に合わない場合は、作品集に掲載できません。講評当日に教室で各自、板書をお願いいたします。その後は、開講日に教室で2首提出下さい。
郵送先〒163-0210 新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル10階 私書箱22号 朝日カルチャーセンター『はじめての短歌』係宛て※詳細はチラシをご覧ください。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

草田 照子(クサダ テルコ)
長野県生まれ。81年、馬場あき子に師事、「かりん」入会。編集委員を経て、現在選者。歌集『飛べないキーウィ』『天の魚』『花火と飛行船』『父の贈り物』『聖なる時間』、『旅のかばん』、著書『うたの信濃』など。朝日カルチャーセンターでは「はじめての短歌」教室、通信講座「短歌 米川千嘉子教室」講師。