【オンライン受講】近世初頭の書物と装飾の美 -光悦・素庵・俵屋絵-  オンライン講座 
  • 教室・オンライン同時開催

  • 玉蟲敏子講師
  • 玉蟲 敏子(武蔵野美術大学教授)
講師詳細

 17世紀初頭に彗星のように登場した古活字版は、日本語表記の特徴である「連綿体」を活かして活字印刷を試みようとした、史上まれにみる実験的な出版物であった。手間がかかるからなのか、刊行時期は数十年に限られ、結局、近世における漢字仮名交じり文の出版物の大半は、整版に取って代わられていく。本講座ではその短くも華やかな輝きを、代表的な出版例である「光悦謡本」を中心に味わっていくことにしたい。観世流の謡曲のテキストを彩る平安王朝以来の伝統をもつ色彩美、町の絵師である俵屋宗達の様式を伝えるユーモアにあふれる摺絵模様、さらにその大枠を緩やかに括る角倉素庵をはじめとする貿易商の活動を視野に入れて、海外の出版文化からの刺激についても探っていく。交差する様々な要素を読みほどきながら、「光悦謡本」を生み出すにいたった風通しの良い近世初頭の美の風土について解説する。(講師記)



〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座はオンライン受講者に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。


※教室受講のお申込みページはこちら↓↓↓
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/7414c2bc-e6cd-8124-d7ac-60f283193d56

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。オンライン受講者に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/11/14
曜日・時間
日曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

玉蟲 敏子(タマムシ サトコ)
東京都生まれ。東北大学大学院修了、博士(文学・東北大学)。専門分野:日本美術史。とくに「琳派」をはじめとする中世~近世美術を、明末清初の文人趣味と19世紀後半のジャポニスムを視野に入れて、全方位的視点で捉えようと試みる。静嘉堂文庫美術館主任学芸員をへて現職。著書に、『絵は語る13 酒井抱一筆夏秋草図屏風』('94年、平凡社)、『生きつづける光琳』('04年、吉川弘文館)、『都市のなかの絵』('04年、ブリュッケ)、『講座日本美術史』(全5巻、'05年、東大出版会・編集委員)。『絵は語る13 酒井抱一筆夏秋草図屏風』により第16回サントリー学芸賞、『都市のなかの絵』により第16回國華賞受賞。美術史学会会員、東洋陶磁学会会員、国際浮世絵学会理事、東京都・茨城県・千葉県の文化財保護審議会委員、町田市立博物館運営委員。