「古事記」を読む

  • 三浦 佑之(千葉大学名誉教授)
講師詳細

 この古事記の講座は、上巻の神がみの物語を経て、いよいよ中巻の天皇たちの伝承に入ります。
 中巻には、初代カムヤマトイハレビコ(神武天皇)から第15代ホンダワケ(応神天皇)に至る天皇および御子や臣下たちの事績と系譜が語られています。そこに語られている伝承を丹念に読み進めながら、歴史でもあり物語でもある古事記が語る古代世界とは何かということについて考えてみたいと思います。ちょうど代替わりの時にあたって、古代の天皇たちとその周辺の伝承に向きあうというのも意義あることではないでしょうか。(講師・記/2017年7月開講。19年4月から中巻を読んでいます。)

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」を使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です。Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・開講日の1~2日前にメール登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座は教室でも、Zoomを使用してオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。メールアドレスの登録がある方には全員Zoom招待状をお送りしますので、ご都合の良い方法でご参加ください。録画はございません。
春学期(4月~6月)に予定していた講座は7月から開講いたします。日程を御確認ください。再開にあたり、マスク着用、座席の配置など感染予防策を講じてまいります。お客様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い致します。(5/18更新)

日程
2020/7/22, 8/26, 9/23
曜日・時間
第4 水曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
持ち物など
<テキスト>倉野憲司校注『古事記』(岩波文庫)  各自書店でお求めください。7月はp139「すなはちその国」から読みます。初めてこの講座を受講される方にはお渡しする資料があります。初回に教室で配布いたします。途中受講の方は10階カウンターにてお受け取りください。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

三浦 佑之(ミウラ スケユキ)
1946年、三重県生まれ。成城大学大学院博士課程修了。千葉大学教授・立正大教授を経て現職。古代文学、伝承文学研究専攻。2003年、『口語訳 古事記』で第1回角川財団学芸賞を受賞。現在、ウェブ上で「神話と昔話 三浦佑之宣伝板」を運営。http://www.miuras-tiger.com/