自律訓練法 ストレスはココロとカラダから

  • 小林 久美子(東京心理教育研究所講師)
講師詳細

 ドイツのシュルツ医師により広められた自律訓練法は、自己暗示により短時間に効率よく緊張を和らげる方法で、不安やストレスを軽くします。また、集中力を高めるなど、能力の向上にもつながる手法です。体の緊張を取りやすいように気功も取り入れます。しなやかな心を日常の中に取りもどし、自由でたおやかな自分に出会いましょう。
(講師・記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

■4月期の6/1、6/15を中止し、補講も含め4月期の全5回を7月以降に再開します。申込の方には改めてお知らせします(5/13)
■新型コロナウイルス感染拡大予防のため、4/1から新宿教室は臨時休業中です。5/18休講→補講日(1/1)は調整中のため、仮日程です。(4/24更新)
■新型コロナウイルス感染拡大予防のため、4/6、4/20は休講になりました。補講日(1/1)は調整中の為、仮日程です) 4/1記

日程
2020/7/6, 7/20, 8/3, 8/17, 9/7
曜日・時間
月曜 15:30~17:10
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,500円 
持ち物など
動きやすい服装でご参加下さい。
靴を履いたまま、手足を伸ばしたり、気功的な動きも体験します。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

小林 久美子(コバヤシ クミコ)
東京生まれ。学習院大学文学部卒業。2000年より東京心理教育研究所研究生としてカウンセリングなどを学ぶ。2003年より東京心理教育研究所併設気功教室や講座の助手を務める。現在、東京心理教育研究所講師、日本自律訓練学会会員。