日本書道史
  • 教室・オンライン同時開催

  • 名児耶 明(古筆・書文化研究者)
講師詳細

日本の書道史の特色として、中国から伝来した漢字を使いこなす上で、もともとの大和言葉に漢文を交え、独自の文章作成、言葉遣いを考え出した事があります。さらに独自の文字、すなわち仮名という独自の文字を造りあげ、漢字と同時に使う工夫をして、現在の日本語が誕生し、分かりやすいものとなったような気がします。漢字と仮名という異なる形態の文字の書写、それぞれの書としての美しさ、また、それを調和させた美しさを生み、独自の書芸術まで築いています。講座では、文字の伝来から、王羲之、三筆、仮名の様々な名品、西行、定家様、勘亭流、冷泉流など、日本書美史を辿ります。(講師記)

2022年10月開講。

■各回テーマ
*今期は④~⑥を取り上げます。

①文字の伝来と日本
②金石と肉筆(木簡)
③写経の字と王羲之
④三筆の書
⑤万葉仮名と仮名の成立
⑥三跡と和様
⑦仮名の典型
⑧仮名の様々1
⑨仮名の様々2
⑩世尊寺流と十二世紀の仮名
⑪法性寺流の書
⑫西行と俊成
⑬定家様
⑭藤原為家と鎌倉の書
⑮宸翰様と墨跡
⑯書流の書
⑰寛永の三筆
⑱唐様と和様
⑲勘亭流と冷泉流
⑳幕末の三筆と良寛
㉑日本人の美意識と仮名

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」【ウェビナー】を使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoom【ウェビナー】を使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2023/1/18, 2/15, 3/15
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
設備費(税込)
495円

講師詳細

名児耶 明(ナゴヤ アキラ)
1949年北海道生まれ。東京教育大学教育学部芸術学科書専攻卒業。専門は書文化・古筆学、日本書道史、博物館学実習。元五島美術館・副館長。筆の里工房副館長。著書・編著に 『別冊太陽 日本の書』(平凡社)、『書の見方 日本の美と心を読む』(角川学芸出版)、『決定版日本書道史』(芸術新聞社)、『日本書道史年表』(二玄社)、『書に心よせる』(新潮社)など多数。