• 見学可

発見 材料と技法による新しい表現 アートパネルを作ろう

  • 絵の具ヴィトラーユ
  • 中山 智介(国画会)
講師詳細

 自由な発想と表現から生まれる、ワクワク感あふれるアート作品に挑戦しましょう。
 日本ではまだ試す機会の少ない、光沢感、透明感に優れた、ステンドグラスの輝きに似せるために創られた絵の具・フランスのペベオ社製・ヴィトラーュ(アルキド樹脂絵の具) の特徴を生かして、25㎝×25㎝のパネルに描きます。
「描くだけではなく、観たり、おしゃれに飾ったり、もっと生活の中に絵を楽しんでほしい。」と語る講師が、デモンストレーションをまじえ、さまざまな技法も紹介します。
新しい自由な表現を思い切り楽しんでみましょう。



お申し込み

注意事項

休業と営業再開のお知らせ
5月末までは、電話問い合わせ・受付業務も休業しています。お申込みはWEBで承ります。
営業再開は、6月1日の予定です。朝日カルチャーセンター新宿教室のホームページでご確認ください。

日程
2020/9/7
曜日・時間
月曜 13:30~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,170円 一般 6,270円
教材費(税込)
教材費 2,750円
持ち物など
教材費(2750円)には アートパネル1枚、絵の具ヴィトラーユ、ジェッソなどの教室内で共通で使用する材料代を含みます。各自ご用意ください:テレピン(55ml程度)、マスキングテープ(3センチ幅)。
その他
教材手配のため、申し込みはお早目に。

講師詳細

中山 智介(ナカヤマ トモスケ)
1959年神奈川生まれ。1989年東京藝術大学大学院修了(油彩科)。1989年日仏現代美術展入選、コンパレゾン賞1席。2000年青木繁記念大賞展入選。2002年国画会展新人賞受賞。2008年、2010年雪梁舎フィレンツェ賞展佳作受賞