徳川将軍家15代史

  • 福留 真紀(東京工業大学准教授)
講師詳細

「江戸時代」をどのようにとらえるのか。政治・社会・文化など、多様な切り口がありますが、本講座では「人」にこだわって考えていきます。
歴史を紡ぎ出しているのは「人」。その中で、政治を行う主体・基盤であった「将軍側近」をはじめとする「武士」に注目。彼らは、幕府政治に、この時代の社会に、どのようにたずさわっていたのでしょうか。それを見ていくことにより、徳川将軍の実像、幕府政治の実態が明らかになってきます。
多様な史料を読み解きながら、現代社会にも思いをはせつつ、「江戸時代」について、御一緒に考えましょう。
なお今期は11代将軍徳川家斉の時代を扱う予定です。(講師・記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/10/8, 10/22, 11/12, 11/26
曜日・時間
第2週・第4週 木曜 15:30~17:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 13,200円 
持ち物など
・必要な史料やレジュメは教室にて配布いたします。
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

福留 真紀(フクトメ マキ)
1973年、東京都生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了。博士(人文科学)。専攻は日本近世史。現在は、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。単著に、『徳川将軍側近の研究』(校倉書房、2006年)、『名門譜代大名・酒井忠挙の奮闘』(角川学芸出版、2009年。増補版が文藝春秋より2020年出版)、『将軍側近 柳沢吉保』(新潮社、2011年)、『将軍と側近』(新潮社、2014年)、『名門水野家の復活』(新潮社、2018年)、共著に、幕藩研究会編『論集 近世国家と幕府・藩』(岩田書院、2019年)などがある。