英国王室・反逆の系譜 メアリー・スチュアートからヘンリー王子まで

  • 齊藤 貴子(早稲田大学講師)
講師詳細

2020年1月、英国王室から離脱したサセックス公爵ヘンリー王子夫妻。人生で大切なのは、「個の自由」か「ノブレス・オブリージュ」か。世代によって意見はさまざまです。
16世紀のメアリー・スチュアートの時代から連綿と続く、「伝統」ともいえる英国王室内の反逆の歴史から読み解きます。英国王室の経済的基盤、しきたり、人間関係、など他のヨーロッパの王室にはない、英国独特の王室の特殊性もふくめて、多角的にお話しします。(講師・記)

お申し込み
日程
2020/6/25
曜日・時間
木曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円

講師詳細

齊藤 貴子(サイトウ タカコ)
横浜市生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業、同大学大学院教育学研究科博士課程修了。早稲田大学および同大学エクステンションセンター講師。上智大学大学院文学研究科講師。専門は近代イギリス文学・文化で、主として詩と美術の相関を研究。著書に『もう一度、人生がはじまる恋~愛と官能のイギリス文学~』(PHP新書)、『ラファエル前派の世界』(東京書籍)、『21世紀 イギリス文化を知る事典』(出口保夫、小林章夫と共編著、東京書籍)、『諷刺画で読む十八世紀イギリス~ホガースとその時代~』(小林章夫と共著、朝日選書)、『楽しいロンドンの美術館めぐり』(出口保夫と共著、講談社)。編訳書に『英国ロマン派女性詩選』(国文社)、『音読・暗唱 愛と夢の英詩集』(出口保夫と共訳、講談社プラスアルファ文庫)、『肖像画で読み解くイギリス史』(PHP新書)