人体の見方が変る比較解剖学入門 講義

  • 上田 耕造(画家)
講師詳細

 「比較解剖学」とは生物学の一分野であり、さまざまな生物体の構造を比較考察する学問です。講座では、人体を描くために有効な、比較解剖学の基礎知識をわかりやすく解説します。
 さまざまな生き物と人間の形を比較することで、見慣れた「ヒト」の形とは、どのような特徴をもっているのかを、改めて考えてみましょう。
 206個もの骨からなる人体の形、直立二足歩行による変化、腰椎や骨盤、鎖骨や頭の形など、鳥類や哺乳類との特徴的な違いを意識することは、「人間らしさ」がどこにあるかを考えるきっかけになるはずです。これまで気が付かなかった意外な姿を発見できるかもしれません。 
 この講義をとおしてあらためて見る動物としての人体は、描くべき形がより明確になっているはずです。 
 
 

この講座は終了しました

注意事項

=NEWS!=
8月27日より10月講座の受付開始に合わせて、新規ご入会の方を対象に入会金500円キャンペーンを実施します!入会された方は、公開講座を会員料金でご受講いただけます。
◆秋のお得なキャンペーンはこちら 
https://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/campaign

日程
2019/9/16
曜日・時間
月曜 13:30~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
持ち物など
講義です。筆記用具をお持ちください。

講師詳細

上田 耕造(ウエダ コウゾウ)
1959年 福岡県生まれ。1984年 東京藝術大学大学院修士課程(羽生出教室)、大橋賞受賞。1988年 東京藝術大学大学院後期博士課程(田口安男教室)修了。個展を多数開催。個展開催以外にも、壁画制作(葛飾シンフォニーヒルズ別館)や、天井画制作(蓮華寺本堂・東京都中野区江古田)、様々なイベントに参加するなど活動範囲を広げ続けている。現在アトリエ21主宰。2018年「イチバン親切なデッサンの教科書」(新星出版社)刊行。