エンターテインメント創作講座

  • 岡田 徹(文芸編集者)
講師詳細

 小説を書くうえで核とも言うべき大事な要素が三つあります。物語、人物描写、文章構成です。ストーリーはなかなか面白いが、登場人物が平板では、小説として魅力に欠けますし、逆に、いくら人物を細かく描いても物語に読者を引きずりこむ力がなければ、やはり飽きられましょう。そして、この二つの要素を支えるのが文章力(構成力)なのです。
 三大要素が過不足なく組み合わされたとき、そこに小説が生まれます。本講座では貴方の「小説」を誕生させます。(講師・記)

<作品提出の要項>
●作品提出締切
講座のある月の5日が締め切りです。提出していただいた作品は当月に講評します。
●作品について
〇制限字数 400字詰め原稿用紙換算80枚
〇ワード原稿のみ受け付けます。
〇用紙はA4サイズを横長にして使用。必ず縦書きで印字してください。
〇40字40行が目安です。(ポイントは12程度・縦書き)
〇タイトル、筆者名(ペンネーム、本名を両方)を明記してください。
〇ノンブル(ページ番号)を必ず付けてください。
〇講座名を必ず記載してください。
〇ご自分のお手元に原稿のコピーを必ずおとりください。
〇持参の場合は10階カウンターまでお持ちください。
〇郵送またはメール提出の場合は下記の宛先にお送りください。

作品郵送の宛先
〒163-0210 新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル10階 私書箱22号
朝日カルチャーセンター講座部「エンターテイメント創作講座」係

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・10/19は10階3号教室で行ないます。

日程
2019/10/19, 11/16, 12/21, 1/18, 2/15, 3/21
曜日・時間
第3 土曜 10:30~12:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 21,120円 
教材費(税込)
教材費 5,280円
持ち物など
・提出作品集(事前に郵送いたします)をご持参ください。
≪作品提出の要項≫締切  講座のある月の5日(休館日等で前後することがあります)
10階カウンターに持参、郵送、あるいはメール(wordの添付ファイルでお送りください)で受け付けます。
詳しくは、新宿教室ウェブサイト、講座リーフレットをご確認ください。
その他
メール提出の宛先:kouzainfo2@asahiculture.com  件名「エンターテイメント創作講座」

講師詳細

岡田 徹(オカダ トオル)
1948年、東京・中野区生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。71年、実業之日本社に入社。経済誌、旅行ガイドブック、小説誌「週刊小説」の編集部を歩き、「週刊小説」編集長、文芸出版部長を歴任。02年に現在の小説誌「月刊ジェイ・ノベル」の創刊編集長を経て、文芸編集主幹。06年12月、実業之日本社を退社。
20年以上にわたる文芸編集者の経験を活用し、現在、岡田編集事務所を設立、小説の出版企画、編集に携わる。