第1回 『源氏物語』 古典文学への招待 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 田坂 憲二(元慶応義塾大学文学部教授)
講師詳細

 2回に渡って『源氏物語』を取り上げます。この大長編物語の全体像を正確に捉えたいと思います。
 初回(9月)は、三部構造という『源氏物語』の骨格を確認した上で、第一部、桐壺巻から藤裏葉巻について考えてみます。光源氏の誕生から青年期・壮年期の物語で、『源氏物語』というとすぐに思い出す、桐壺更衣、藤壺宮、夕顔、紫の上、葵の上、六条御息所、明石の上などをめぐる話です。公(おおやけ)私(わたくし)という新しい視点も導入して分析します。
 2回目(10月)は、『源氏物語』の第二部と第三部を考えます。第二部、若菜上巻から幻巻は、光源氏と紫の上を中心に、夕霧、柏木、落葉宮、女三宮という若い世代が物語に関わってくる光源氏の晩年期の物語です。第三部、匂宮巻から夢浮橋巻は、宇治十帖といわれる部分が中核で、光源氏死後、更に若い世代、薫と匂宮と宇治の姉妹の物語です。第二部と第三部を、第一部からの単純な連続、時間的経過の物語と考えていいのか、第一部との質的な相違はないのか、こうした視点も導入して分析します。(講師・記)

※こちらは、第1回目(9月)のみのお申込みページです。

【2回目のみ、または2回通してお申込みは以下のページよりお願いいたします】
◇2回目(10月)のみのお申込みはこちら
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/65e60b06-bb5f-8bec-b0f3-6094bb5a7d69

◇2回(9月・10月)通してのお申込みはこちら
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/670b8d9b-2e96-8615-8723-609356232973

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/9/30
曜日・時間
木曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 4,510円
設備費(税込)
165円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

田坂 憲二(タサカ ケンジ)
1952年福岡県生まれ。九州大学大学院修了。福岡女子大学教授、群馬県立女子大学教授、慶應義塾大学教授を歴任。専攻は『源氏物語』を中心とする平安時代文学。著書に『源氏物語の政治と人間』(慶應義塾大学出版会)、『源氏物語の人物と構想』(和泉書院)、『源氏物語の方法を考えるー史実の回路』(武蔵野書院、共編著)、『名書旧蹟』(日本古書通信社)などがある。