【オンライン受講】将軍とはなにか
  • 教室・オンライン同時開催

  • 本郷和人講師
  • 本郷 和人(東京大学教授)
講師詳細

 源頼朝が幕府を開いてから、日本にはずっと武家政権が存在しました。この政権のトップが、征夷大将軍、すなわち将軍でした。物事の輪郭を重視する、という立場からすると、たとえば鎌倉幕府は1192年、頼朝が征夷大将軍に任命されたときに成立した、との見解が生じますし、織田信長や豊臣秀吉は将軍の内には含まれません。ですが物事は内実の方を吟味すべきだというならば、違う説明が成り立ちます。本講座は、内実を第一とし、将軍を改めて考察していきます。(講師・記)

第1回 源頼朝、将軍に就任する
①将軍の様子を描く『三槐荒涼記』
②頼朝以前は? 倭の五王 坂上田村麻呂
③頼朝の狙いは? 「大将軍にしろ」 開府儀同三司 
④武家のトップが将軍、なのか? 源頼家の事例
⑤神などの承認は条件となるか? 富士の裾野の大巻狩り 

第2回 足利義教、将軍に就任する
①足利義持の指名拒否
②守護大名たちは神前でくじを引いた
③朝廷の論理 覇王が出現したらどうする? 
④しかし義教は・・ならば、武家のトップになるための条件とは何だ?
⑤佐藤進一先生の短い論文の真意とは   

第3回 家督と世襲 将軍の神輿化
①将軍の傀儡化 『仁義なき戦い』第一作 
  「神輿が勝手に歩けるいうなら歩いてみいや、のう」
②臣はだれを神輿と認めるか
③世襲について 臣が神輿として認めやすい ⇒ 血の連続 
④世襲に波風が立つとき(=神輿が自ら歩くとき)
    
第4回 将軍の職務(臣との相互関係の中で)
①源義朝は臣を率いて、臣の敵を掃討する
②源頼朝は、父・義朝の活動を受けてトップになる
③先に軍事、政治はあと。
④将軍権力の二元論
⑤将軍権力の一元化

第5回 将軍の肖像1
①源頼朝 臣が未熟 神輿は自ら歩く、
②源頼家 北条氏の台頭 北条氏による、強制的な将軍の神輿化 
③源実朝 北条氏の成長 北条氏は不得意な軍事を掌握して、将軍の神輿化を促進する
④足利尊氏 将軍権力の二元論
⑤足利義満 政治と軍事の将軍の出現 奉行人と奉公衆

第6回 将軍の肖像2
①足利義持 神輿化の始まり 北条氏に該当する者なし 細川派と斯波派
②足利義教 神輿化を拒んで横死
③足利義政 応仁の乱 細川の勝利 北条的な者の出現
④徳川家康 東照大権現となって、その後の将軍に正当性を付与。
⑤徳川家光 個人の能力は問題ではない。神輿化、始まる
⑥徳川吉宗 王朝が別。だから自ら歩く。次の家重はすぐに神輿化。

※本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
※こちらは、【オンライン受講】の申し込みページです。
※【教室】でのご受講を希望の方はコチラ
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/862d0240-5885-65a6-2166-62b56656b548

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・こちらは、【オンライン受講】の申し込みページです。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・こちらは、【オンライン受講】の申し込みページです。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

・【教室】でのご受講を希望の方はこちらよりお申込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/862d0240-5885-65a6-2166-62b56656b548

日程
2022/10/14, 10/28, 11/11, 12/2, 12/9, 1/6
曜日・時間
金曜 10:30~12:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
設備費(税込)
990円
その他
★都合により、以下のように講座日を変更いたします。(11/19記)
①11/25は休講しまして、 12/2(金)10:30~に振替いたします。
②12/23は休講しまして、 2023. 1/6(金)10:30~に振替いたします。

講師詳細

本郷 和人(ホンゴウ カズト)
1960年東京の下町に生まれ、下町に育つ。83年東京大学文学部卒業。86年、東京大学大学院人文科学科修士課程修了。88年東京大学大学院人文科学科博士課程単位取得。子どもの頃から歴史物語が大好き。いつの間にかそれが仕事になっていた。同業者で美人の妻(本郷恵子さん)との間に一男(タクトくん。ただし指揮者になる予定はない)一猫(黒猫アルトくん。ただし唱わない)あり。著書に『人物を読む日本中世史』(講談社)ほか多数。