第2回 帝国はなぜ崩壊したか アッシリア帝国の興亡

  • チャリオットに乗って行進するアッシリア王アッシュルバニパル(在位 紀元前668-627年)
  • 山田 重郎(筑波大学教授)
講師詳細

 今日、巨大帝国 アメリカが揺らぎをみせ、永らく休眠していたかにみえた巨大国家 中国が台頭しつつある。人類の歴史を振り返ると、異なる文化をまとった幾多の巨大帝国が生まれ崩壊してきた。本講では、古代オリエントから近代にいたるまでに登場した巨大帝国がなぜ崩壊したかに焦点をあて、世界史を見直してみたい。世界史の大転換期にたつ今日、諸帝国の崩壊の歴史をふりかえることは、我々の生きる現代と、そして来るべき未来を考えるためにも、役立つのではなかろうか。 (鈴木董講師・記)
※2020年4月開講。1年間のシリーズを予定しております。

※5回連続講座の第2回目です。
5回通してお申し込みの方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/38e5d9e3-136e-99f7-d62a-5e1da6a5cffb

<各回のテーマ>※各回のみのお申込みが可能です。
①4/13(月)15:30~17:00 帝国の興亡をめぐって
 東京大学名誉教授 鈴木董
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/73023417-d4e4-8ad1-a799-5e46705dda23

②4/23(木)15:30~17:00 アッシリア帝国の興亡
 筑波大学教授 山田重郎
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/a101394a-7fdf-968b-cbf3-5e4671336ddf

③4/30(木) 15:30~17:00 エジプト新王国の興亡
早稲田大学文学学術院教授 近藤二郎
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/5f6fc26b-1434-fc5a-d4ae-5e467186a254

④5/12(火) 15:30~17:00 アカイメネス朝ペルシアの興亡
 東海大学教授 春田晴郎
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/bee6b47e-aee2-e0d6-099b-5e4672c2f31a

⑤6/25(木)15:30~17:00 エーゲ文明の崩壊(エーゲ海とキプロス島・東地中海地域)
 考古学者 土居通正
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/ce5bbbab-5d48-f0d6-26a3-5e4672699dc0

受付一時中止

注意事項

■新宿教室の休業にともない、4/23は休講いたします。補講等については決まり次第お知らせいたします。(※調整中のため、1/1は仮の日程です。)

日程
2021/1/1
曜日・時間
金曜 09:00~10:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 4,510円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

山田 重郎(ヤマダ シゲオ)
1959年生まれ。筑波大学大学院歴史・人類学研究科(西洋史専攻)単位取得退学。エルサレム・へブル大学大学院古代中近東研究科(アッシリア学)修了(Ph.D.)。専攻、アッシリア学(楔形文字文書研究)。現在、筑波大学人文社会系教授。主な著書・訳書に『歴史学の現在:古代オリエント』(共著, 山川出版社, 2000)、The Construction of Assyrian Empire: A Historical Study of the Inscriptions of Shalmaneser III (859-824 BC) Relating to His Campaigns to the West (Brill 2000).、The Royal Inscriptions of Tiglath-pileser III (744-727 BC) and Shalmaneser V (726-722 BC), Kings of Assyria (共著,Eisenbrauns 2011)、Cultures and Societies in the Middle Euphrates and Habur Areas in the Second Millennium BC - I: Scribal Education and Scribal Traditions (共編著,Harrassowitz 2016)、『ネブカドネザル2世―バビロンの再建者』(山川出版社)。