【オンライン受講】東大教室実戦演習Ⅳ 日本史 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 野島 博之(学研プライムゼミ特任講師)
講師詳細

  入試本番仕様のシミュレーションテスト講座(採点は野島が直接担当します)。年5回実施予定で、4回目の試験範囲は近現代。具体的には、明治・大正・昭和戦前期から出題します。
 したがって、今回は東大日本史の第4問対策です。ここは基本事項についての理解が不足していると、試験会場で手が止まる(あるいは震える,場合によってはアタマが真っ白になる)タイプの問題が出題されます。配点は15点ですが、東大入試で大きな差がつくところの一つだと判断してよいでしょう。地に足をつけた準備ができるよう、加えて40点台後半(60点満点)が本気で狙えるよう全力でサポートします。(講師・記)

※本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
※こちらは、【オンライン受講】の申し込みページです。
※【教室】でのご受講を希望の方はコチラ
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/3980a267-1ba0-ac9e-51d0-633f980cce5d

〈ご案内事項〉
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・テスト問題は、講座当日の11時迄にメールで送りますので、お客様自身でプリントアウトしてご準備ください。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

※途中休憩あり
※来春に受験の有無と合否調査をさせて頂きますのでご了承ください。(回答は任意です)

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・こちらは、【オンライン受講】の申し込みページです。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
・教材費1,500円(テスト・解答用紙・解答解説・採点基準)。★オンライン受講の場合は、講師の採点は含みません。

日程
2022/12/26
曜日・時間
月曜 15:30~19:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,950円 一般 6,050円
教材費(税込)
教材費 1,500円
設備費(税込)
165円
持ち物など
・テスト問題は、講座当日の11時迄にメールで送りますので、お客様自身でプリントアウトしてご準備ください。郵送はしておりません。
・講座は、テスト前解説(5~10分程度)→テスト(60分)→解説授業(50分×2)で進めます。
・『2022 東大日本史過去問題集』は、note(https://note.com/nojimagurasan)で順次公開中です。

講師詳細

野島 博之(ノジマ ヒロユキ)
三重県出身。東大文学部卒。学研プライムゼミ特任講師。人間はハラハラ・ドキドキする文明を作りあげてきました。その勢いは止まりません。自分を磨き続けることは、快適性と危険性がともに高度化していく社会に誕生した者の使命だといってよいでしょう。『謎とき日本近現代史』(現代新書)、『よくわかる日本史』(共著/学研プラス)、『詳説日本史ガイドブック』(山川出版社)、『三行で完全にわかる日本史』(集英社)、『大人の日本史講義』(祥伝社)、『本棚の前でする勉強の話』(共著/丸善ジュンク堂書店)など著書多数。