夜のエッセイ塾

  • 加藤 明(元「週刊朝日」編集長)
講師詳細

 あなたもエッセイストになれます。小説を書くには、やっぱり才能が必要です。シナリオを書くのも、同様でしょう。ところが、エッセイを書くのに才能は不要です。ふつうに日本語を話し、読み書きできれば、誰にでもエッセイを書くことができます。強いて必要なことを挙げれば、「観察眼」でしょう。エッセイを書くことを念頭に日々、観察眼を磨いていけば、必ず上達します。さあ、あなたも「夜のエッセイ塾」へ、どうぞ。(講師・記)

● 課題
<はじめてご受講の方>
 「私がエッセイを書く理由」という課題で、1200字以内でご提出ください。
<ご継続で受講の方>
 前回授業中に講師から発表された課題をご提出ください。
 ご欠席の際は、お手数ですが
 電話03-3344-1945へ課題をお問い合わせください。

● 字数
800~1200字以内(400字詰め原稿用紙3枚以内)

● 体裁
A4用紙を横にして縦書きのワープロ打ち、もしくは原稿用紙(手書き可)。
氏名(ペンネームの場合は本名も)・ページ番号を明記のこと。

● 作品提出締切 
講座日の1週間前の水曜日必着

● ご提出方法
①ご持参の場合は10階カウンターまでお持ちください。
 ※日祝ほか休館日にご注意下さい
②ご郵送の場合は以下にお送りください。
  〒163-0210
  新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル 私書箱22号
  朝日カルチャーセンター新宿教室 講座部「夜のエッセイ塾」係宛て
 ※土日祝を挟むと郵便物到着が遅れるので、余裕をもってご投函ください
③メールの場合は以下にお送りください。
 kouzainfo3★asahiculture.com
 ※「★」の部分を「@」に変えてください。
 ※wordの添付ファイルにてお送りください。
 ※必ず件名に「夜のエッセイ塾」とつけ、お名前、電話番号もご明記ください。
 ※このアドレスはご提出専用で、メールは締切日前後のみチェックしているため、
   お問い合わせ等は必ずお電話でお願いいたします。
 ※複数のクラスでアドレスを共有しておりますので、必ず上記厳守願います。
 ※作品を受信した場合は締切日2~3日以内に必ず確認のご返信をいたします。

● 作品ご返却
授業中に、講師のコメントをつけた用紙とともに、提出していただいた原稿をご返却いたします。欠席者の返却原稿は、講座終了後郵送いたします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

■補講を7/15、7/29、9/2、9/16に行います。全4回です。(5/22更新)
<7/29(水)の課題>1、私の夜の街  2、知  〆切:7/22(水)必着

日程
2020/7/15, 7/29, 9/2, 9/16
曜日・時間
水曜 19:00~20:30
回数
4回
受講料(税込)
会員 13,640円 
教材費(税込)
教材費 880円
持ち物など
●はじめてご受講の方:「私がエッセイを書く理由」という課題で、800~1200字でご提出ください。
●ご継続で受講の方:前回授業中に講師から発表された課題をご提出ください。
●ご欠席の際は、提出作品と次回課題を郵送いたします。課題をお急ぎの方は03-3344-1945へお電話ください。
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

加藤 明(カトウ アキラ)
 1951年福岡県生まれ。早稲田大学露文科卒。77年朝日新聞入社。東京本社社会部の遊軍キャップ、デスクなどを経て、2000年10月から02年11月まで「週刊朝日」編集長。その後、夕刊1面コラム「素粒子」などを担当。著書に「原宿物語」(草思社)など。