旬を感じる、夏の昆虫食 昆虫食を知ってみよう

  • 内山 昭一(昆虫料理研究会代表)
講師詳細

季節の風物詩である昆虫、食べてみたことはありますか。かつて、昆虫は人類の伝統食であったにも関わらず、一部地域のみに残る習慣となりました。日本にもイナゴや蜂の子などを食べる文化が残っていますが、現代において昆虫を食べることは好奇の目で見られることもあります。
2013年に国際連合食糧農業機関(FAO)が「昆虫が今後の食糧になり得る」と発表したのをご存知の方はいると思います。地球の人口は増加しており、将来的に食糧難に陥ることが懸念されている状況です。そのような人類が抱える問題を解決する救世主として、昆虫は認識されるようになりました。しかし、世界から注目される食材になったとはいえ、牛肉や鶏肉など現在流通している他の食材に比べると、食卓に普及しているとはいえない状況です。
今回の講座では、昆虫食の健康面でのメリットや食べる際の注意点を学び、昆虫の旬を知っていきます。試食付き。

※試食準備のため、お早めにお申し込みください。

お申し込み
日程
2019/7/20
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
持ち物など
<各自ご用意ください>試食がございます。飲み物が必要な方はご持参ください。

講師詳細

内山 昭一(ウチヤマ ショウイチ)
1950年、長野市生まれ。昆虫料理研究家。1998年、「世界の食用昆虫展」(多摩動物公園)を機に、友人たちとともに昆虫料理研究会を立ち上げて以来、味覚、食感、栄養等、あらゆる角度から食材としての昆虫を研究。著書に、『楽しい昆虫料理』(ビジネス社)、『昆虫食入門』(平凡社新書)、『食の常識革命!昆虫を食べて分かったこと』(サイゾー)、『人生が変わる!特選昆虫料理50』(木谷美咲との共著、山と渓谷社)、『食べられる虫ハンドブック』(監修、自由国民社)等がある。昆虫料理研究会代表。NPO法人食用昆虫科学研究会理事。