カズオ・イシグロの世界 「わたしを離さないで」

  • 田尻 芳樹(東京大学教授)
講師詳細

 2005年に原著が出版されたカズオ・イシグロの『わたしを離さないで』は、彼の最高傑作と呼ぶ人も多い現代英語圏文学の名作で、映画、テレビドラマ、舞台にも翻案されています。人間に臓器移植をするためにのみ作られたクローン人間が、若くして死なねばならないという不条理にもかかわらず懸命に「人間らしく」生きる姿は私たちの心を打ちます。本講座では、この作品を、クローン人間をめぐる倫理、介護の問題、小説技法、ホロコースト、現代社会における芸術の意味など、多くの観点から読み解きます。(講師・記)

お申し込み

注意事項

教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

日程
2021/7/23, 8/6, 8/27
曜日・時間
金曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円
持ち物など
<テキスト>『わたしを離さないで』(土屋政雄訳、ハヤカワ文庫):各自でお求めの上当日ご持参ください。
<参考書>田尻芳樹・三村尚央編『カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を読む』(水声社、2018年):ご希望の方は各自でお求めください。
       

講師詳細

田尻 芳樹(タジリ ヨシキ)
1964年生まれ。東京大学教授。専門はイギリス文学、特に20世紀の小説。著書に『ベケットとその仲間たち』(論創社)、共編著に『カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を読む』(水声社)、『カズオ・イシグロと日本』(水声社)、訳書にJ・M・クッツェー『世界文学論集』(みすず書房)、『続・世界文学論集』(みすず書房)など。