大学教授が講義する高校数学
  • 教室開催

  • 飯高 茂(学習院大学名誉教授)
  • 中村 滋(東京海洋大学名誉教授)
講師詳細

 数学I は式の計算から始めて、実数、平方根、1次不等式、2次方程式、
三角形、データ分析などの基本的な事柄を学びます。
高校時代には、数学が大体分かって試験で合格すればいいと考えがちです。
また、学校では教育上の配慮から、計算しているうちに分かってくるとして、
正確に教えることを避けてきたことが色々あります。だから例えば、

(1)「負の数×負の数 が正になるのはなぜか?」と子供に訊かれたとき、
   自信を持って答えられますか?
(2)「0.99999・・・ と9がずっと続くとき、これが正確に1に等しい」ことを
   きちんと説明できますか?

そこで、50年以上数学を教えてきた経験を活かして、試験をパスするるための
勉強ではなく、基本的な数学が真に分かるような講義を目指します。

今期は、因数分解、根号の計算、1次不等式を学びます。
必要に応じてプリントを配布します。(講師・記)

【2021年10月期(各回予定)】
10/9 式、整式の計算(飯高先生)
10/23 因数分解(飯高先生)
11/13 実数と根号(中村先生)
11/27 1次不等式(中村先生)
12/11 1次不等式の応用(中村先生)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

<最終回で実施するチェックテストの返却について>講師より直接返却します。その場にいらっしゃらなかった方にはメール(kouzainfo5@asahiculture.com)でご返却いたします。原本はお取り置きしますので受け取りを希望される方はカウンターにお立ち寄りください。

日程
2021/10/9, 10/23, 11/13, 11/27, 12/11
曜日・時間
第2週・第4週 土曜 18:00~20:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,500円 
設備費(税込)
825円
持ち物など
〈テキスト〉必要に応じて、教室で資料をお渡しします。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

飯高 茂(イイタカ シゲル)
1942年千葉県生まれ。学習院大学理学部数学科教授を経て学習院大学名誉教授。「代数幾何学」のリーダーとして世界的に知られる数学者。日本数学会彌永賞、日本学士院賞を受賞、また、元日本数学会理事長(会長)、日本数学教育学会理事など多くの役職を歴任。主な著書は、『群論、これはおもしろい』、『環論、これはおもしろい』、『体論、これはおもしろい』(共立出版)、『パソコンで開く数の不思議世界』(岩波書店)、数学の研究をはじめようI,II,III,IV,V」(現代数学社 2016-18)ほか。
中村 滋(ナカムラ シゲル)
1943 年、戦時下の埼玉県に生まれ東京都で育つ。1967 年、東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。以来46年間、東京商船大学(現東京海洋大学)と学習院大学で数学を教える。東京海洋大学名誉教授。日本フィボナッチ協会副代表。著書は『フィボナッチ数の小宇宙』(日本評論社)、『微分積分学21講』(東京図書)、『数学の花束』(岩波書店)、『円錐曲線』(共立出版)、『円周率』(共立出版)、『数学史』(室井和男との共著、共立出版)、『数学史の小窓』(日本評論社)。