• 見学可

中国水墨画(関クラス)

  • 関 乃平(中国国立中央美術学院教授)
講師詳細

 長い歴史と、豊かな伝統、独特の風格を持つ中国水墨画は高い芸術成果をおさめ、多くの日本人に親しまれています。題材によって人物画、山水画、花鳥画に分けられ、表現形式により工筆画(細密的描写)と写意画(主観、ロマン的)の二つがあります。 教室では、中国国立芸大の教授法で指導します。きめ細やかな授業で一人ひとりの個性をのばします。最も基本的な筆墨技法から入り、順次高度な内容へ進みます。手堅い筆墨造形の基礎を身につけることと、各自が得手とする分野での個性を生かした創作を指導します。基礎修了後、中国国立芸大の中国水墨画資格認定を受けることができます。 ※見学可能。あらかじめご連絡ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

以下のように日程変更がございます。
10月21日→10月29日(15:45~17:45 4号室) 11月18日→11月4日 6号室)
12月16日は5号室です、

日程
2019/10/29, 11/4, 12/16
曜日・時間
火曜 15:45~17:45
回数
3回
受講料(税込)
会員 12,870円 
持ち物など
<新規教材>教室で講師より販売いたします。(約10000円ほど)※初回にご相談ください。
その他
※講師都合により、期の途中で日程が変更になることがあります。また、お教室は変更することがございますので、掲示を当日ご確認ください。

講師詳細

関 乃平(カン ナイピン)
"中国水彩画家、清華大学教授関広志の長男として北京に生まれる。1983年来日。日本のほかSan Diego,Los Angelesでも個展多数開催。現在日本東洋美術学校(東京)中国水墨画科主任教授、中国国立中央美術学院(北京)客員教授、国際水墨画交流協会会長などを務め、テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」中国美術品の鑑定士として出演。日本と中国で画業と教育活動、執筆に多忙な日々を送っている。作品は各国の美術館、名人に収集される。"