注目のプリマ、森谷真理と語るヴェルディの魅力

  • 森谷真理さん(撮影:武藤章)
  • 森谷 真理(ソプラノ歌手)
  • 加藤 浩子(音楽評論家)
  • 河原 忠之(ピアニスト)
全ての講師
講師詳細

 メトロポリタンオペラに《魔笛》の夜の女王役でデビューして以来、国際的な活躍を続けるソプラノ、森谷真理。日本には2014年にびわ湖ホールの《リゴレット》ジルダ役でデビューして以来、二期会《ばらの騎士》元帥夫人、三河市民オペラ《イル・トロヴァトーレ》レオノーラ、ロレンツォ・ヴィオッティ指揮東響のヴェルディ《レクイエム》のソリストなど、注目公演に次々登場し、絶賛されています。そんな森谷さんがこよなく愛する作曲家が、ヴェルディ。昨年はトッパンホールのランチタイムコンサートで、《エルナーニ》など上演が稀なヴェルディのオペラのアリアを歌う意欲的なプログラムに取り組みました。
 今回の講座では、注目のプリマ、森谷さんをゲストにお迎えし、ご自身のキャリアについて、そしてヴェルディについて語っていただきます。もちろん、ヴェルディの名曲もたっぷりお楽しみください。伴奏は、日本を代表する名ピアニストのひとり河原忠之さんがつとめてくださいます。なんとも贅沢なレクチャーコンサートです。 (加藤講師・記)

予定曲 
《マクベス》より「さあ、急いでいらっしゃい」
《イル・トロヴァトーレ》より「恋はバラ色の翼に乗って」

この講座は終了しました
日程
2019/7/12
曜日・時間
金曜 16:00~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,888円 一般 4,536円

講師詳細

森谷 真理(モリヤ マリ)
武蔵野音楽大学卒業、同大学院およびマネス音楽院修了。『魔笛』夜の女王でメトロポリタン歌劇場デビュー。その後『トゥーランドット』リューでの欧州オペラデビューを皮切りに、リンツ州立劇場専属歌手として『ラ・ボエーム』『ラ・トラヴィアータ』など数々の作品に出演するほか、ウィーン・フォルクスオーパーをはじめ欧米主要歌劇場で活躍。国内では、びわ湖ホール『リゴレット』ジルダに続き、二期会『魔笛』夜の女王、日生劇場『後宮からの逃走』コンスタンツェ、びわ湖ホール『ラインの黄金』フライア、二期会・愛知・大分『ばらの騎士』元帥夫人などを務める。2018年6月には日生劇場『魔笛』パミーナで出演、今後はベルギーフレミッシュオペラ『サティヤーグラハ』ミス・シュレーゼンで出演。19年東京二期会『サロメ』にタイトルロールで出演予定。二期会会員。
加藤 浩子(カトウ ヒロコ)
東京生まれ。慶應義塾大学大学院修了(音楽学専攻)。慶應義塾大学、早稲田大学講師。音楽評論家。著書に『黄金の翼=ジュゼッペ・ヴェルディ』『バッハへの旅』(東京書籍)、『ようこそオペラ!』『今夜はオペラ!』『モーツァルト 愛の名曲20選』『オペラ 愛の名曲20+4選』(春秋社)、『ヴェルディ』(平凡社新書)、共著に鈴木雅明氏との対談集『バッハからの贈りもの』(春秋社)、『オペラでわかるヨーロッパ史』 『音楽で楽しむ名画』(平凡社新書)ほか多数。最新刊は『バッハ: 「音楽の父」の素顔と生涯』(平凡社)。 
ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/casahiroko/ ホームページhttp://www.casa-hiroko.com/
河原 忠之(カワハラ タダユキ)