通訳上級 金曜夜 オンライン講座
  • オンライン講座

  • 日高 恭子(外務省研修所講師)
講師詳細

 本講座では、既に、日々、英語を使い、仕事をしている方たちが、社内で、あるいはフリーランサーとして通訳技術をさらに向上させることを目的として熱心に学んでいます。スムーズなノート・テイキング、しっかりとしたリテンション力に支えられた正確な逐次通訳を目指し、実践するとともに即時に訳出するための同通・逐次同通演習をさまざまな英、日スピーチ等を中心とした題材で継続的に行っています。また、常に大切な基盤となるサイト・トランスレーション、日→日(紙面・音声による)要約、そして明瞭な発声、聞きやすく親切なデリバリーの仕方にも力を入れ、演習をしています。今後は、それらを充実・加速させ、多めの量の発話についても息切れしない通訳を目標に、熱心にまた楽しく取り組んでいきたいと考えております。(講師記)

★カリキュラムについて★
当講座の題材:外交/安全保障/政治/経済/ビジネスなどの分野におけるスピーチ、プレゼン、インタビュー、パネルディスカッション、記者会見、国際会議など。内容:サイトラ、逐次、同時、リテンション強化を軸にした英日、日英通訳訓練です。

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ミーティングを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者のお名前や映像・音声がクラス内で共有されます。予めご了承ください。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました

注意事項

★この講座はご継続者が優先となります。新規に受講をご希望の方はお問合せください。
・本講座はZoomミーティングを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。本講座はアーカイブ動画の配信はありません。

日程
2021/10/1, 10/8, 10/15, 10/22, 10/29, 11/5, 11/12, 11/19, 11/26, 12/3
曜日・時間
金曜 19:40~21:00
回数
10回
受講料(税込)
会員 38,500円 
持ち物など
<テキスト>「マスターコース ウィスパリング同時通訳メモリー&スプリットアテンション」(ISBN-13: 978-4523265887)各自お買い求め下さい。随時プリントをメールでお送りします。(テキスト代は受講料に含まれておりません)

講師詳細

日高 恭子(ヒダカ キョウコ)
明治学院大学英文学科卒業。都立高等学校教諭退職後、現業に転職。社内通訳6年を経て、フリーランス・弁護士会等通訳者。外務省研修所講師、秘書通訳講座講師、神田外語キャリアカレッジ講師。通訳案内士、省庁・国際機関職員、米国国務省通訳者の指導も行う。著書に『マスターコースウィスパリング同時通訳メモリー&スプリットアテンション演習』柴田バネッサ清美・日髙恭子共著がある。