暮らしを彩る七十二候の手仕事 秋分の薬草を食卓へ

  • 石田 紀佳(手仕事研究家)
講師詳細

青じそ、赤紫蘇、エゴマ、インドの聖なるホーリーバジルなどシソ科の実が満ちてきます。
夏至の太陽を浴びたヨモギやゲンノショウコは黄色と白やピンクの花を咲かせ、ツユクサの青が朝露をうけとめて・・・

秋の日と月星のもと、そのイノチの環を結ぼうとする草木たち。
特別に強い薬草は別として、やさしい養いの草なら、わたしたちも日常にいただけますね。

秋の薬草のお話をして、紫蘇の実仕事をご一緒しましょう。
季節の恵みに手を加えて、秋の心と体をととのえます。

新米の上にできたての紫蘇の実をのっけるなどの試食もお楽しみに。

*石田紀佳さんの暮らしについて、以下のサイトでレポートされています*
http://100life.jp/style-of-life/25573/

*石田紀佳さん「草木と手仕事」のFacebookページはこちら*
https://www.facebook.com/plantsandhands

お申し込み

注意事項

=NEWS!=
8月27日より10講座の受付開始!新規ご入会の方を対象に入会金500円キャンペーンを実施します!入会された方は、公開講座を会員料金でご受講いただけます。
◆秋のお得なキャンペーンはこちら 
https://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/campaign

日程
2019/9/28
曜日・時間
土曜 10:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,672円 一般 4,320円
持ち物など
<各自ご用意ください>お好みの塩大さじ2杯程度 布巾
※当日教室で材料費500〜1000円程度をお支払いください(紫蘇の実、酢、容器代など)

講師詳細

石田 紀佳(イシダ ノリカ)
フリーランスキュレーター、手仕事研究家。東京藝術大学卒業。展覧会企画、執筆、手仕事の材料となる植物の育成を通して、美術手工芸品を紹介している。東京の自宅と神奈川県の山里とを往復し、半自給自足の暮らしをしながら、「自然と人と技術=魔法」について実践考察中。
2005年より七十二候の言葉をのせた「草暦」を企画制作。また、「新しい自分になるマーマー⭐︎スクール」にて講師を務め、自然と手仕事の豊かさを暮らしに取り入れることを目的としたワークショップ形式の「魔女入門講座」は、実生活に役立つ発見に充ちていると好評を博している。植栽企画に、かぐれ表参道店「街野原」、世田谷ものづくり学校「巡る庭」など。著書に『藍から青へ 自然の産物と手工芸』(建築資料研究社)、『草木と手仕事』(薫風堂)、『魔女入門 暮らしを楽しくする七十二候の手仕事』(すばる舎)がある。