ジェイムズ・ジョイスの生涯と作品 『ユリシーズ』出版100年記念
  • 教室・オンライン同時開催

  • 吉川 信(日本ジェイムズ・ジョイス協会会長)
講師詳細

 ジェイムズ・ジョイスは、19世紀末のナショナリズムが高揚するアイルランドに生まれました。700年にわたる英帝国支配からの脱却を目指す文芸復興運動に対し、ジョイスは背を向けていたようにも見受けられます。ダブリンを「麻痺の中枢」と捉えた『ダブリナーズ』、芸術家としてヨーロッパ文化との繋がりを希求する青年の物語『若き日の芸術家の肖像』など、『ユリシーズ』に至るにはそれまでの作品の理解や歴史的な予備知識が欠かせません。ここではそうした背景を概説します。(講師・記)

★関連講座のお知らせ★
10/4(火)「ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』イントロダクション」…『ユリシーズ』を全体的に紹介します。
10/18(火)より5回「原文で味わうジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』」…各挿話から場面をピックアップして原文を味わいます。

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asaiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asaiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

<WEB限定夏休み割キャンペーン対象講座>期間8/10~8/18
キャンペーン詳細はこちらhttps://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/2022summercp
・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline001@asaiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/9/3
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
その他
・パンフレットに記載のない講座です。

講師詳細

吉川 信(キッカワ シン)
大妻女子大学教授。1960年2月23日生まれ(このため長崎大学附属病院で新生児をぎこちなく抱えた父は全国版のテレビニュースで放映される。その後大学時代の恩師には「あのときの赤ん坊がきみか!」と驚かれる)。1988年、中央大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。山口大学助教授、和光大学教授、群馬大学教授を経て、2015年より大妻女子大学文学部(英語英文学科)に所属。日本ジェイムズ・ジョイス協会常任委員。2020年より同会会長。編著書に『ジョイスの罠――「ダブリナーズ」に嵌る方法』(言叢社2016年)、『ジョイスの挑戦――「ユリシーズ」に嵌る方法』(言叢社2022年)等。訳書にJ・G・フレイザー『初版金枝篇』上・下巻(ちくま学芸文庫 2003年)、『ジェイムズ・ジョイス全評論』(筑摩書房 2012年)等。後者で日本翻訳家協会の日本翻訳文化賞翻訳特別賞を受賞。