• 見学可

現代センスで水墨画

  • 久山 一枝(新水墨画協会会長)
講師詳細

昔から伝えられてきた水墨画の伝統的な技法を土台に、現代絵画のセンスを取り入れて、自由にのびのびと描くことを目指します。初めての方は筆の選び方、墨の色の出し方からやさしく指導いたします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

残席わずか
日程
2019/10/10, 11/14, 12/12, 1/9, 2/13, 3/12
曜日・時間
第2 木曜 10:15~12:15
回数
6回
受講料(税込)
会員 25,080円 
持ち物など
<各自ご用意下さい> 
青墨、付立筆(つけたてふで)の長流(ちょうりゅう)大・中・小、下敷(白色)
※青墨、長流はご予約いただいた上で、当社で取り寄せも可能です。
 お時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

<10F教材コーナーで初日にお求め下さい>
用紙(玉聖紙)1,296円
その他
  変則日程ですので、ご注意ください。(通常の授業とは教室も異なります)


*半年講座です。


※資料コピー代は教室で頂いております
※参考書「水墨画練習帳 基礎編」日貿出版社
講師著書ご希望の方は各自書店でお買い求めください。

講師詳細

久山 一枝(クヤマ カズエ)
    東京芸術大学(工芸科)、同大学院修了(彫金)。所属 新水墨画協会会長、日本クラフトデザイン協会会員。受賞 日本クラフト賞、日本水墨画協会賞。ジュウリーアートで通産大臣賞。著書 「尾瀬の四季」「季刊水墨画」。 特集 「民家の描法、川の描法」など。